Page: 1/179   >>
イメージアップ

 

 

 

  手縫いブーツを制作中の、Oさんです。

 

 

 

  いよいよ底付け作業です。

 

 

 

  中物のコルクを取り付け後、

 

 接着剤で革底を貼り付けます。

 

 

 

 

  手縫いするとはいえ、基本的

 

 にしっかり接着しておかなければ

 

 いけません。

 

 

 

 

  こうした染み込みやすい素材の

 

 場合は特に、表面の状態に注意

 

 します。

 

 

 

 

 

 

 


 

  全体のバランスに注意しながら

 

 貼り付け。

 

 

 

 

 

  すぐにウェルト周りを、専用の

 

 「やっとこ」で圧着します。

 

 

 

 

 

  ちょっとヨレてしまったウェルト

 

 を、ピシッと整える意味も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  接着面が安定したら、手縫い糸

 

 のための溝(チャネル)を掘ります。

 

 

 

 

 

  まずは、底面の外周を、包丁で

 

 切り開きます。「どぶ起こし」と

 

 呼ばれますが、イメージが汚いので

 

 クリーンな印象の「溝起こし」で

 

 いいんじゃないかと...。

 

 

 

 

 

  途中で切れてしまわないように、

 

 一定の深さで切り進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  続いて下拵えのひとつ、糸撚り

 

 をします。

 

 

 

 

  撚っていない糸を、必要な強度が

 

 得られる本数で撚り合わせ、一本の

 

 糸にします。

 

 

 

 

  末端の処理も含めると、なかなか

 

 複雑な作業で、しかも後々まで影響

 

 します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  撚った糸を使って、だし縫い。

 

 

 

 

  完成後も見えるステッチなので、

 

 ピッチだけでなく糸目をきれいに

 

 整えながら、縫っていきます。

 

 

 

 

  こちらはスクイ縫いよりも力の

 

 かかりが弱いので、細めの糸で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  出し縫いが終わったら、底革の

 

 溝に蓋をするため、「どぶ起こし」

 

 の部分を閉じます。

 

 

 

 

  革を濡らして柔らかくしたうえ、

 

 接着剤を塗って閉じます。

 

  ある程度濡れた状態でも、接着

 

 することができます。

 

 

 

 

  この次はとっても重要な、ヒールの取り付け作業です。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:03 | comments(0) | - | pookmark |
強さ

 

 

  毎回お仕事帰りに、結構いいペースで

 

 靴を制作されている、Yさんです。

 

 

 

  今度はご家族のためのローファーに

 

 取り掛かっています。

 


 

 

  まずはデザインから。

 

 

 

 

  基本形の型紙を作り、その上に

 

 デザインを考えていきます。

 

 

 

 

  平面の紙に、立体の靴をイメージ

 

 するのは少々難しいため、いったん

 

 ラインを記入したら、その都度木型

 

 にあてがって、雰囲気を確認します。

 

 

 

 

  だんだん、思い描いた感じに整ってきました。

 

 

 

 

 

 

 


  仮縫いの制作に入ります。

 

 

 

 

  こうした複雑なラインを正確に

 

 トレースしなければならない型紙

 

 は、まずラインを直接、革に記入

 

 出来るようペン先が入るスリット

 

 を、切っておきます。

 

 

 

 

  甲はモカ縫いをするので、当然

 

 手縫いステッチのピッチも考えて

 

 おきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  とりあえず縫ってみた仮縫い

 

 アッパーを、木型に釣り込み。

 

 

 

 

  モカラインがきれいに収まる

 

 ように、バランスよくつり込み

 

 しなければいけません。

 

 

 

 

  歪んだアッパーはなかなか修正

 

 が効かず、最初が肝心です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  仮縫いで大きなトラブルもなく、

 

 必要な修正作業も終わったので、

 

 いよいよ本制作です。

 

 

 

 

  オーソドックスな黒の革で、

 

 いわゆるローファーを作るのですが、

 

 履く本人の希望は「強そうな靴」と

 

 いうことで、ちょっと(かなり)悩んで

 

 いました。

 

 

 

  女の子のいう「強そう」って、どういう

 

 感じだろう...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  型入れの終わった革。

 

 

 

 

  すでに型紙のラインが全て記入

 

 されているので、間違わないよう

 

 正確に裁断していきます。

 

 

 

 

  革の厚みは2mm少々ですが、

 

 紙と違ってナイフの角度で、裁断

 

 後の仕上がりが全く違います。

 

 

 

  この後、手縫いを含めて、アッパーをしっかりと縫いあげていきます。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:57 | comments(0) | - | pookmark |
渋い系。

 

 

  渋いブーツを制作中の、渋いYさんです。

 

 

 

  本格的にレザークラフトをしている強みを

 

 生かし、こだわったヌメ革で制作します。

 

 

 


 

  仮縫いが終わっているので、本番用の

 

 アッパーを、まず腰革(カカト周り)から

 

 縫っています。

 

 

 

 

  カカトの縫い割は、余裕を付けすぎて

 

 縫ってしまい、若干硬く厚めの革のため、

 

 縫い割しやすいようカットして調整。

 

 

 

 

  ごく僅か、そして縫い目にかからないよう、

 

 丁寧に裁断します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  縫った革をヒールカーブに合わせ、

 

 立体的に整えます。

 

 

 

 

  木の台(馬)に載せ、ハンマーで叩いて

 

 縫い目を広げます。

 

 

 

 

  裏と表と両面から少しずつ作業し、

 

 最終的には写真のようにきれいに仕上がり

 

 ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  使うのがヌメ革で、普段からレザー

 

 クラフトの手縫いをされているので、

 

 アッパーも手縫いしたいとのこと。

 

 

 

 

  そこであらかじめステッチラインを

 

 菱目打ちで穴あけ。

 

 

 

 

  穴あけはステッチの下に入る革にも

 

 同じように開けるため、ミシンと違って

 

 大変、手間がかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ひと目一目、丁寧に手縫いして

 

 いきます。

 

 

 

 

  通常、靴業界で「手縫い」という

 

 のは、底付けの方法に関してのみ、

 

 いわれますが、手縫いの美しい仕上がり

 

 にこだわりのある方は、こうして甲革

 

 も手縫いを希望される方もいます。

 

 

 

 

  自分で作る靴ですから、いくらでも

 

 こだわりを実現できますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 


  そうして形になってきた甲革。

 

 

 

 

  きれいなステッチラインに、さらに

 

 ハトメの金具もアクセントが効いて、

 

 いい感じです。

 

 

 

 

  全体が一枚革の甲革ですが、履き口

 

 だけは、あたりをソフトにし、エッジを

 

 保護するため、パイピングしてあります。

 

 

 

 

  ヌメ革は、使い込んでいくと色が変わり、

 

 育っていく革ですから、今から将来が楽しみです。

 

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:34 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode