Page: 1/184   >>
愛妻靴

 

 

 

 

  ご自身のブーツ製作後、奥様用に、ほぼ

 

 お揃いイメージの靴を作ることにした Oさんです。

 

 

 

 

  測定した足型と、補正中の

 

 木型を比較します。

 

 

 

 

 

  重要なポイントである、親指

 

 付け根のラインを、更に追い込

 

 んでいきます。

 

 

 

 

  履き心地の好みを考えて、寸法

 

 には加減を加えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  追加の革を、貼り込みます。

 

 

 

  床革を目指す形状に削って、

 

 木型の上にしっかり接着します。

 

 

 

  基本的には貼る前に形状を整え、

 

 貼ってから微調整を加えます。

 

 

 

  仕上がった靴のイメージを思い

 

 浮かべて作業すれば、間違いあり

 

 ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  とりあえずの完成を見た補正木型。

 

 

 

 

  どこをとっても、角ばった出っ張り

 

 はなく、表面はスムースな仕上がり。

 

 

 

 

  形が整ったら、革表面にトコノール

 

 を塗り、更に硬く、滑らかになるよう

 

 にします。

 

 

 

  寸法精度を高めるだけでなく、出来

 

 上がった靴を抜くときにも役立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  木型が仕上がったので、型紙を

 

 作ります。

 

 

 

  まずはベースの型紙を、いつもの

 

 ようにコピー用紙で。

 

 

 

 

 

  あらかじめ引いておいた木型上の

 

 センターラインに合わせ、徐々に靴

 

 の形に切り詰めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ベースとなる型紙を使い、さらに

 

 ブーツの高さで作るため、垂線を引

 

 いた別の用紙に写し取ります。

 

 

 

 

  ここで作るのは、ヒールの部分を

 

 含むパーツ、腰革です。

 

 

 

  ブーツなので羽根は長くしますが、

 

 この段階でデザインを決めないと、

 

 あとの型紙が作れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  出来上がった型紙で、仮縫いの革

 

 を切り出します。

 

 

 

 

  伸びの悪い仮縫革とはいえ、いち

 

 おう伸び方向を考慮し型入れします。

 

 

 

 

  仮縫いなので跡の残るボールペン

 

 で記入しますが、はっきり見えるため

 

 作業性は良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  裁断したパーツを縫い合わせます。

 

 

 

 

  デザイン上、本番のパーツでは

 

 細かく分ける部分も、仮縫いでは

 

 一体化している所があり、縫うのは

 

 だいぶ楽です。

 

 

 

 

  しかし寸法に関係する部分は、ズレ

 

 のないようしっかりと確認して縫製

 

 します。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:33 | comments(0) | - | pookmark |
サクサク、制作

 

 

 

  新たに靴づくり教室に通い始めた、Mさんです。

 

 

 

  わりと遠方からの生徒さんが多い当工房では、

 

 いちばんのご近所さん。

 

 

  まずはご自分用の、ワラビーを制作開始。

 

 

 

 

  まずは足のサイズ確認後、型紙

 

 を決定して、早速型入れです。

 

 

 

 

  型紙の決まったこういう靴だと、

 

 革選びに時間をかける方も多い中、

 

 江戸っ子の Mさん、てきぱきと革

 

 を決めて、作業を進めます。

 

 

 

 

  ふつう、後で消せる銀ペンを使い

 

 ますが、あえて線が見え易いボール

 

 ペンで型入れ。

 

 

 

 

 

 

 


 


 

  裁断したパーツを縫っていきます。

 

 

 

 

  モカシン系は、全体にシンプルで

 

 作りやすい靴ですが、構造上、最初に

 

 縫うのが二枚重ねの縫い割部分。

 

 

 

  初めて縫うには少しハードル高め。

 

 

 

  しかし趣味のモノづくりをたくさん

 

 されている Mさん、ミシンの扱いも

 

 手慣れたものです。

 

 

 

 

 


 


  裁断したパーツたち。

 

 

 

  基本的に使うパーツは

 

 これだけです。

 

 

 

  世の中で、最もシンプル

 

 な靴のひとつと言えるで

 

 しょう。

 

 

  その分、縫い穴の開け方が、

 

 仕上がりに大きく影響します。

 

 

 

 

 


 

 


 

  履き口の補強革を縫うため、

 

 ステッチの目安を入れます。

 

 

 

 

  両足が尖っているディバイダで、

 

 革表面にラインを引き、それを

 

 目安に縫製します。

 

 

 

 

  1本線があるだけで、かなり

 

 きれいに縫えるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 

  アッパーの縫製が終わったら、

 

 本体に甲のパーツを手縫いして、

 

 靴の形を作っていきます。

 

 

 

 

  はじめ緩めに糸を引き、全体

 

 が止まってきたら工具を使って

 

 強く引きます。

 

 

 

  写真は手縫い最終段階の様子。

 

 徐々に糸を引き絞ることで、革

 

 全体を満遍なく引き伸ばします。

 

 

 

 

 

 


 


 

  本体ができたので、中底を

 

 作ります。

 

 

 

 

  モカシン系はソール後半部に

 

 硬めのファイバーを入れます。

 

 

 

 

  大まかに鋏で裁断した後、

 

 きれいにソールの形に合うよう、

 

 グラインダーで成形します。

 

 

 

 

  もう、完成まであとわずかです。

 

 

  ではまた。

 


 

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:31 | comments(0) | - | pookmark |
合間に量産

 

  足にトラブルを抱えるお知り合いの方用に、

 

 履きやすい軽い靴を制作中の、Kさんです。

 

 

 

 

  ミッドソールの隙間を埋める

 

 板コルクを切り出します。

 

 

 

 

 

 

  釣り込みしたアッパーの革で

 

 出来る段差を埋められるように、

 

 ほぼピッタリの大きさにします。

 

 

 

 

  これを接着して固定しておき

 

 ます。

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 

  ソールは、軽さを優先して

 

 強化スポンジ材で。

 

 

 

 

  ヒールのない、ウェッジ・

 

 ソールで作るため、まずは中段

 

 の楔状パーツを切り出し。

 

 

 

  アッパーも、履きやすいように

 

 大きなストラップと、カカトに掴み

 

 やすいタブが付けてあります。

 

 

 

  足に手が届きにくい人のための、

 

 履きやすさの工夫です。

 

 

 

 

 

 


 


 

  ウェッジ部分を削ります。

 

 

 

 

  ここは薄い部分をきれいに削らない

 

 と段差になってしまい、ソールがきちん

 

 と接着できません。

 

 

 

 

  最終的には別のゴム板なども使って

 

 押し付け、きれいなエッジに削ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 

  大まかに削って形になった

 

 ウェッジと組み合わせ、仕上

 

 がりを確認します。

 

 

 

 

  その後、外周も削り込み、

 

 アウトソールの成型に備え

 

 ておきます。

 

 

 

 

 

 


 


 

  接着後、更に段差になり

 

 そうな部分を仕上げ削り。

 

 

 

  この部分は本底を貼った

 

 際に見苦しくなりがちなので、

 

 慎重に。

 

 

 

  もちろんヒール面の水平度

 

 にも注意しつつ、削ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

 

 


 


 

  ここでベビーシューズ作業

 

 に切り替え。

 

 

 

  プレゼントのタイミングに

 

 合わせるため、並行して作業

 

 していたファーストシューズ

 

 に取り掛かります。

 

 

 

  パーツの組み合わせまで済んで

 

 いたので、ミシンで縫うところから。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  複数を制作するので、さながら

 

 プチ・ベビーシューズ工場のよう

 

 な状態に。

 

 

 

  その分、効率的ではあります。

 

 

 

 

  面ファスナーで、使いやすい

 

 タイプですが、作る際には順番

 

 を考えながら、その分多い工程

 

 をこなす必要があります。

 

 

 

 

 

 


 

 


 

  カンヌキを位置を決めます。

 

 

 

  ここがズレるとサイズ感も

 

 変わるので、しっかりと印を

 

 入れ、接着します。

 

 

 

 

 

  作っているのがサイズ違い

 

 のものなので、きちんと型紙

 

 で確認して作業します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 

  接着固定したカンヌキを、

 

 ミシンで縫います。

 

 

 

 

  最も力がかかる部分なので、

 

 しっかりと返し縫いし、強度

 

 を持たせます。

 

 

 

  本体が白いので、ステッチ

 

 ラインをあえて目立たせるか、

 

 迷うところですが、今回は、

 

 ちょっと普通と違った仕様に

 

 なりそうです。

 

 

 

 

 

 

 


 


 

  ミシンでアッパーが出来たら、

 

 いよいよ手縫いに入ります。

 

 

 

 

  ぐるっと底周りを一周、縫い

 

 合わせますが、ちょうどパーツ

 

 が重なるカンヌキ部分で、縫い

 

 間違いしやすいので注意。

 

 

 

 

  革が重なっているので、2枚目を

 

 縫わなかったり、厚みが変わる部分

 

 で穴を飛ばしたりと、いちばんミス

 

 しやすいところ。

 

 

 

  しっかり確認して作業を進めます。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

| ブログ管理人 | 23:01 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode