Page: 1/175   >>
お試し後の

 

 

  新たに靴づくりを始めた Yさんです。

 

 

  モカシンの短期教室で靴づくりを体験して、

 

 本格的な靴も作ってみたいと、参加されました。

 

 

  ちょっとこだわったヌメ革で、ブーツを作りたいというご希望です。

 

 

 

 

 

  早速、測定した足に合うように、

 

 木型の補正をします。

 

 

 

 

  寸法の不足する部分に、床革を

 

 貼り込んでいくため、漉いて段差

 

 ができないよう下処理します。

 

 

 

 

  地道な作業ですが、木型の仕上

 

 がりに大変、影響があるところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  漉いた革を接着剤で貼り付け。

 

 

 

 

  木型に圧着するため、ハンマー

 

 で均すように叩きます。

 

 

 

 

 

  叩きすぎると剥げたりするので、

 

 革のキメを締めるよう、丁寧に、

 

 作業します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ある程度形になったら、寸法の

 

 確認です。

 

 

 

 

  全体の形は、採寸図を参考に整え

 

 ますが、周り寸法等は、実際に巻尺

 

 を使用して、正確に計測します。

 

 

 

 

 

  単純に、測定値に合わせればいい

 

 わけではないのが、難しいところ。

 

 

 

 

 

 

 

 


  徐々に計測値に近づきますが、少し

 

 ずつ革を上に貼り足していきます。

 


 

 

  全体のラインを整えるため、上に

 

 貼った革の段差を削ります。

 

 

  また測定の結果、大きすぎる部分

 

 は当然、削ります。

 

 

 

 

  何度も修正を繰り返しつつ、目標と

 

 する木型の形を作っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  仮縫い用のアッパー制作です。

 

 

 

 

  補正の出来た木型に合わせて

 

 型紙を製作し、その出来栄えを

 

 確認するため、試着用の仮靴を

 

 作ります。

 

 

 

 

  作成した型紙のラインを革の

 

 上に写し、その通り切り出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  カカトの芯(月型)を作ります。

 

 

 

 

 

  これも最初に、木型に合う型紙

 

 を作ってから、革を切り出します。

 

 

 

 

 

  しっかりとした芯が入ることで

 

 カカトが安定し、歩くのが楽になります。

 

 

  仮縫いでも、履き心地をチェックするため、

 

 きちんとした芯が入ります。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

| ブログ管理人 | 22:48 | comments(0) | - | pookmark |
バリエーション

 

 

  秋になると、モカシン系の靴がよく作られます。

 

 

 

  「芸術の秋」ということでしょうか、新たに始める

 

 方も多くなる時期ですが、こうした靴は短期でできる

 

 ため、初心者の方もチャレンジしやすいです。

 

 

 

  今回短期教室に参加の Yさんは、このバリエーション

 

 ともいえるデッキシューズがご希望です。

 

 

 

 

 

  短期教室の靴は、型紙がすでに用意

 

 されているので、サイズチェックの後

 

 すぐ製作開始です。

 

 

 

 

  デッキシューズは型紙も大きく、革

 

 の無駄が出やすいため、しっかり確認

 

 しつつ型入れします。

 

 

 

  Yさんは、チェレステカラーっぽい、

 

 緑かかった水色の革を選択。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  裁断が終わると、すぐに手縫い用

 

 の穴を開けます。

 

 

 


  甲部分を中心に、等間隔になるよう

 

 注意しながら穴を開けます。

 

 

 

 

  かなり多数の穴を開けるので、集中

 

 力が試されます。甲だけ色違いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  下準備が終わったら、ミシンで縫製。

 

 

 

 

  モカシン系の靴は、甲の手縫いイメージ

 

 が強いですが、それ以外は全て、ミシンで

 

 縫います。

 

 

 

 

  このカカト部分は2枚重ねで縫いますが、

 

 縫い目が外から見えない分、気が楽です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  カカトの縫製部分を広げます。

 

 

 

 

  こうして広げることで、縫い目の

 

 ゴロつきを抑えます。履いた時に、

 

 カカトの違和感、気になりますよね?

 

 

 

 

  きちんと作業すれば、多少強めに

 

 叩いても、革に傷は入りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  裏地を付けていきます。

 

 

 

 

  履き口周りは革テープで装飾を兼ねて

 

 補強しますが、今回はカカト芯を入れる

 

 関係で、しっかり裏地もつけます。

 

 

 

 

  ここもミシンで縫うため、ピンチで

 

 仮留めしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  仮留め状態のアッパー。

 

 

 

 

 

  柔らかい革とはいえ、3枚重なると

 

 硬く感じ、かなり厚みも出ます。

 

 

 

 

 

  そこで重なる部分にかけて、ほんの

 

 少しだけ革を漉き、縫いにくさを若干

 

 軽減する加工をしてあります。

 

 

 

  薄すぎてもいけないので、やりすぎ厳禁です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  履き口の縫製続き。

 

 

 

 

  革の厚み調整で漉いてあるとは言え、

 

 やはり3枚重ねは、相当な厚みがあり

 

 ます。

 

 

 

 

 

  こうして厚みのある場合、ミシンの

 

 針が落ちないよう、いつも以上に水平

 

 に保って縫う意識が重要ですね。

 

 

 

  この続きは、後半戦で。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:45 | comments(0) | - | pookmark |
磨き!!

 

 

 

  Kさんのブーツ、底周りの作業に入り、

 

 いよいよラストスパート。

 

 

 

 

  ヒールの化粧ゴムを削ります。

 

 

 

  耐摩耗性を持たせるため、硬め

 

 のものが多く、機械がないと大変

 

 な作業になってしまいます。

 

 

 

  大まかに形を整えたら、ヒール

 

 と合わせつつ確認します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  接着した化粧ヒール。

 

 

 

  貼る前の段階で、積み上げの

 

 角度を仕上げ、この化粧ヒール

 

 を貼るだけで済むよう調整して

 

 おきます。

 

 

 

  外周を削り、大まかに仕上げ

 

 ます。手前ビフォー、奥アフターです。

 

 

 

 

 

 


 

  コバ周りを仕上げ削り。

 

 

 

  ヒールは若干角度を付け、曲線

 

 が維持されるよう注意しながら、

 

 なだらかに削ります。

 

 

 

  あとはコバを一周、一筆書きの

 

 要領で、不要な削り跡が残らない

 

 よう仕上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  コバに色を入れます。

 

 

 

 

  今回は、わりとかっちりした

 

 雰囲気の編み上げブーツに仕上

 

 げるため、黒で着色。

 

 

 

 

 

  色を入れずにロウだけを入れた

 

 仕上げも渋くていいですね。

 

 

 

 

 

 

 


 

  続いてロウを入れます。

 

 

 

 

  熱したコバコテでロウを溶かし、

 

 コバ周りにロウを塗り込み。

 

 

 

 

  ある程度ロウが行き渡ったら

 

 コテをアイロンのように使い、

 

 表面のロウを、中までしっかりと

 

 染み込ませます。

 

 

 

 

 

 

 


 

  余分なロウを拭き取ります。

 

 

 

 

  布でこすり、表面に残ったロウ

 

 を拭き取りつつ磨きます。

 

 

 

 

  力を入れて作業し、摩擦熱で

 

 ロウを取るイメージですから、

 

 けっこう力仕事です。

 

 

 

  真剣に何足も作業すると、指紋消えるかも...。

 

 

 

 

 

 


 

  その後、細かい仕上げを経て完成です。

 

 

 

  狙い通り、オーソドックスな仕上がりの

 

 渋いブーツになりました。

 

 

 

  こういう黒いブーツなら、ブルージーンズ

 

 からフォーマルまで、かなり広範囲に組み

 

 合わせることができます。

 

 

 

  しっかりした外羽根ブーツ。

 

 

  たくさん履き込んで、自分の一足に仕上げてくださいね。

 

 自分の足に馴染んでこそ完成ですから。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:23 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode