Page: 1/187   >>
手早く

 

 

 


  奥様用のブーツに取り掛かっている Oさんです。

 

 まずは仮縫いの制作をしています。

 

 

  カカト側の縫い目処理です。

 

 

 

 

  中表で縫い合わせた2枚の

 

 革を広げ、ハンマーで叩いて

 

 均します。

 

 

 

 

  裏から叩いていますが、更に

 

 表に返してもう一度。

 

 

  かなり平らになります。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  仮縫いアッパーを釣り込み。

 

 

 

 

  全体のバランスを見つつ、最初

 

 につま先を釘で固定します。

 

 

 

 

  ブーツなので革の抵抗も大きい

 

 ですが、Oさんは難なく引き切り、

 

 しっかり釣り込み出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  つま先の芯は、溶剤で溶かして

 

 固めるタイプを。

 

 

 

  手早く処理する必要があります

 

 が、すぐに固くなって便利です。

 

 

 

 

  Oさんの握力なら、釣り込みの

 

 スピードも心配なし。

 

 

 

 

 

 

 


 

  ...で、仮縫い靴を試着して貰い、

 

 特に問題なかったため、本制作に

 

 入ります。

 

 

 

 

  お揃いのイメージということで、

 

 ご自身のブーツと同じ茶系統から

 

 選びました。

 

 

 

 

  型紙の形を、銀ペンで書き入れ

 

 ていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  型入れ後、包丁で裁断します。

 

 

 

 

  短靴より長いパーツも多いので、

 

 流れるような曲線が続きます。

 

 

 

 

  そうした部分は一息に、続けて

 

 切ると、ガタついた感じにならず、

 

 スムーズなラインにできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  今回は紐靴に、楽に履けるよう

 

 ファスナーを取り付けます。

 

 

 

 

  なので型紙も細かく分割されて

 

 いますが、忘れてはいけないのは

 

 「主役」のファスナー。

 

 

 

 

  分割した革パーツに、接着剤で

 

 しっかり固定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  固定したファスナーをミシン掛け。

 

 

 

 

  直線的に縫うので、簡単そうに

 

 思いますが、材質が違う物の組み

 

 合わせなので、気を遣います。

 

 

 

 

  一つのパーツに出来上がれば、

 

 あとは普通の靴と同様に、縫い

 

 合わせてアッパーを仕上げます。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:43 | comments(0) | - | pookmark |
パパも

 

 

  お子さん用に、ベビーシューズを

 

 作りに来た Tさんです。

 

 

 

 

  何種類かのベビーシューズを

 

 ご用意していますが、最初から

 

 このモカシンタイプに決めてい

 

 たそうです。

 

 

 

 

  となると、作業も滞りなく、

 

 素早く進みます。

 

  どの革にしよう、とか迷う

 

 のも楽しみではありますが。

 

 

 

 

  型紙を使って、革に型入れ

 

 をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  型入れしたパーツを、裁断

 

 していきます。

 

 

 

 

  革は厚みのあるしっかりした

 

 モノを使いますが、包丁の切れ

 

 味が良く、スッパリ切れます。

 

 

 

 

  刃を立てて切っていくのが、

 

 きれいに仕上げるポイント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  手縫いの穴を開けます。

 

 

 

  極細の皮ポンチを使い、型紙

 

 の通りに、縫い穴を開けます。

 

 

 

 

  かなりの数があるので、結構

 

 たいへんです。

 

 

 

 

  型入れの際のわずかなズレを、

 

 修正しながら穴あけします。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  革漉きの作業。

 

 

 

 

  ベビーシューズではほとんど

 

 しない作業ですが、モカシンは

 

 本体に継ぎ目があるので、漉い

 

 て合わせます。

 

 

 

 

  少しずつ、なだらかになるよう

 

 様子を見ながら作業します。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  パーツのミシン掛け。

 

 

 

 

  本体のフリンジを作ったら、

 

 折り返し部分に革ひもを通し

 

 ミシンで縫います。

 

 

 

 

 

  ただし、後で交換できるよう

 

 に、紐は縫ってはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  パーツを組み合わせて、いよいよ

 

 手縫いに入ります。

 

 

 

 

  アッパーはだいたいミシンで縫製

 

 してありますが、底周りの縫い付け

 

 は手縫いで。

 

 

 

 

  少しずつ縫い進め、徐々に工具で

 

 強く引き絞ります。

 

  途中でも、縫い目を整えながら作業

 

 すると、仕上がりがきれいです。

 

 

 

 

 


 

  そして、完成しました。

 

 

 

 

  オーソドックスな、可愛い

 

 モカシン・ベビーシューズです。

 

 

 

 

  よく見る形の靴でも、自分

 

 の手を動かして作った靴は、

 

 愛着もひとしお。

 

 

 

  しっかり歩いて、思い出も

 

 たくさん作ってくださいね。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:46 | comments(0) | - | pookmark |
チャレンジ。

 

 

 

 

  モカシン教室で、初めての一足を

 

 制作中の Mさん、続きです。

 

 

  初制作の靴ですが、自分仕様の

 

 カスタマイズも加えます。

 

 


  靴紐の穴を開けます。

 

 

 

 

  アッパーを木型に合わせた

 

 状態で、しっかり留まる位置

 

 に穴を開けます。

 

 

 

 

  銀ペンで印をつけ、ポンチ

 

 で穴を開けますが、必要ない

 

 部分にも穴が開かないよう注意

 

 します。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  カカト側の釣り込み。

 

 

 

  前足部は、モカ縫いをして

 

 いくと自然に形になりますが、

 

 こちらはワニを使った、通常

 

 の釣り込み作業。

 

 

 

 

  釣り込み接着後、ハンマー

 

 で叩いて圧着します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  ソールの削り出し。

 

 

 

  ワラビー系には、天然クレープ

 

 がよく使われますが、路面への

 

 張り付きを考慮して合成クレープ

 

 で制作。

 

 

 

  大まかに切り出したソールを、

 

 グラインダーで仕上げ削りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  本体に圧着する前に、ヒールを

 

 取り付けます。

 

 

 

 

  ヒールも同素材で削り出し、接

 

 着剤で取り付けます。

 

 

 

 

  ソール側接着面も、表面の凹凸

 

 をなくすよう削り、強度が出るよ

 

 うにします。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  ソールの接着をします。

 

 

 

 

  靴底面は革なので、接着剤を

 

 2度塗りして、しっかり強度が

 

 出るようにします。

 

 

 

  位置を合わせてソールを載せ、

 

 手で大まかに貼り合わせたら、

 

 ハンマーで叩いて圧着します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  木型を抜き、インソールを

 

 取り付けます。

 

 

 

  後足部には硬い中底が入って

 

 いるので、足当たりをよくする

 

 ため、またフィット感を良くす

 

 るためクッションを貼ります。

 

 

 

 

  固定は張り直しできるゴム糊

 

 を使って。さらにこの上に中敷

 

 き革を貼ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  中敷きの革。

 

 

 

  通常、革一枚を貼るだけなの

 

 ですが、クッション性を重視し

 

 てスポンジ素材を追加します。

 

 

 

 

  これは人工筋肉として開発

 

 されたというソルボセインを

 

 使用したスポンジで、耐久性

 

 もあり効果が期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  そして、完成しました。

 

 

 

 

  とってもオーソドックスな

 

 仕上がりですが、履き心地に

 

 拘ったカスタムを施した一足

 

 になりました。

 

 

 

  こうして見えない部分にも

 

 自分の履き心地の好みに合わせ

 

 手を加えた靴は使い勝手もよく、

 

 満足度の高いものになります。

 

 

 

 

  Mさんは靴をかなりお持ちのよう

 

 なので、この靴も普段使いに加えて

 

 しっかり履き込んで、自分だけの

 

 一足として完成させてくださいね。

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:45 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode