Page: 1/182   >>
個性派

 

 

 

 

  こちらは持ち込みの革で、内羽根靴を

 

 制作中の Kさんです。

 

 

  本業がお忙しいので隔週ごとぐらいに、

 

 飛び飛び参加されています。

 

 

 

 


 

  前回までで、仮縫い靴の製作、

 

 試着チェックまで終了したため、

 

 本制作に入ります。

 

 

 

 

  まずは中底の製作から。

 

 

 

  分厚い丈夫な革で、中底の

 

 革を切り出します。

 

 

  厚手の革ですが、包丁で思いのほか

 

 かんたんに裁断できます。

 

 

 

 

 

 


 

  これがお持ち込みの、本制作

 

 で使用する革。

 

 

 

  床革系ですが、染色に工夫が

 

 されてあり、とてもきれいな白

 

 です。

 

 

 

  明るいと目に眩しいくらい。

 

 

 

  ここに、型入れをしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  表面のアップ。

 

 

 

  床革らしく、表面の、

 

  割と粗目なぼさぼさが

 

 ありますが、白さのお蔭か

 

 嫌味がありません。

 

 

 

  でも、仕上がりは独特な

 

 雰囲気の靴になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  パーツを裁断したら、必要な

 

 部分を漉いていきます。

 

 

 

 

  ガラス板の上で、縫い目の下

 

 の重なり(糊代)を、徐々に薄く

 

 削ぎ落します。

 

 

 

  通常、銀面があるので崩れ

 

 難いのですが、これはちょっと

 

 難しそう。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  漉きの終わったパーツを、

 

 組み合わせます。

 

 

 

 

  内羽根なので、羽根の基部を

 

 ヴァンプ(つま先革)に接着して

 

 いきます。

 

 

 

  この革の色と、表面なので、

 

 絶対に接着剤がはみ出ないよう

 

 注意します。

 

 

  修正できませんからね!

 

 

 

 

 

 

 


 

  表の革と並行して、裏地も

 

 同様に縫い合わせておきます。

 

 

 

  カカト側は表、裏を別々に

 

  作り、最後に合体させて縫製

 

 する手順です。

 

 

 

  オーソドックスなデザインの

 

 ものは、慣れればそれほど考え

 

 なくても出来てしまいますが、

 

 ちょっと変わったものを作る場合、

 

 相当に頭を使う必要が出てきます。

 

 

 

 

 

 


 

  ひと通り縫いあがったアッパー。

 

 

 

  やはり、インパクトのある質感

 

 です。

 

  革の強い印象で薄まりがちです

 

 が、デザインも結構攻めてます。

 

 

 

  初めから決めていたそうですが、

 

 かなり短めの羽根になっています。

 

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:44 | comments(0) | - | pookmark |
違いの分かる...

 

 

  ご夫婦で短期教室に参加、それぞれの

 

 ワラビーを制作している Sさんです。

 

 

 

 

  手縫い作業の続きです。

 

 

 

  モカシン系の手縫いは、一般的な

 

 「ビジネスシューズ」っぽいものより

 

 ずっと、気軽に楽しめます。

 

 

 

 

  構造が単純なので、初心者でも全体

 

 の仕上がりに気を配りつつ作業出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  奥様の方が、一足先に工具で

 

 締め上げ開始。

 

 

 

 

  はじめにゆるく縫いこんでから、

 

 工具を使って徐々に強く引き絞り

 

 ます。

 

 

 

 

  こうすることで、革全体が均等に

 

 伸び、バランスよく仕上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  甲の部分の手縫いが終わったら、

 

 カカトの釣り込みです。

 

 

 

 

  中底をセットして、そこに甲革

 

 を引っ張り込み、接着します。

 

 

 

  専用のワニを使い、テンションを

 

 掛けつつ圧着します。

 

 

  慣れないと、なかなか難しい作業

 

 です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ゴム底を付けます。

 

 

 

 

  本底は、接着剤で靴底に

 

 装着します。

 

 

  モカシン系の靴は、靴本体の

 

 革が、そのまま接着面になります。

 

 

 

 

  特に剥がれやすい外周部分に

 

 塗り残しがないよう、念入りに

 

 伸ばします。

 

 

 

 

 

 

 


 

  中敷きを作ります。

 

 

 

 

  革の周りを漉いて、靴の中で

 

 収まりが良くなるよう仕上げます。

 

 

 

 

  刃物の切れ味がとても重要な

 

 作業です。

 

 

 

  手元でこまめに刃先を革砥で

 

 手入れしながら、漉きを進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 


 

  旦那様は、色も違う革で、

 

 中敷きを制作。

 

 

 

  底型紙から写して、裁断

 

 します。

 

 

 

  こちらのパーツは方向性を

 

 考えなくていいので気楽。

 

 

 

  外周をスムースにカットする

 

 ことに集中します。

 

 

 

 

 

 

 


 

  奥様のワラビー、完成しました。

 

 

 

  やわらかい革の印象通り、

 

 全体に履きやすく、包み込む

 

 ような履き心地です。

 

 

 

 

  ワラビーとしては、非常に

 

 オーソドックスな仕上がり。

 

 

  白い紐で、さわやかな主張を

 

 いれました。ちょっと長めかな。

 

 

 

 

 

 

 


 

  旦那様のワラビー。こちらも

 

 きれいに仕上がってきました。

 

 

 

  紐の色が違うだけで、だいぶ

 

 印象が違います。狙い通り、全

 

 体的な柔らかいイメージに、少し

 

 締まった印象が加わっています。

 

 

 

  重くなり過ぎないように、中敷

 

 きが明るい色なのもポイントです。

 

  よく考えて作られた一足。

 

 

 

  ワンポイント違いのあるペアルックになりました。

 

 

 

 

  ワラビーは嫌な硬さもなく、軽く歩けてお散歩に、

 

 ご近所履きにも大活躍。


 

  ぜひ、これを履いてあちこちお出かけしてください。

 

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:33 | comments(0) | - | pookmark |
それぞれに

 

 

 

 

  伝統的な製法で、底付けを手縫い糸で行う

 

 ハンドソーン(手縫い)靴の制作風景を2連発。

 

 

 

 

 

 

  編み上げブーツ制作中の Kさん。

 

 

 

 

  手縫い糸用の溝を切った中底に、

 

 ひと目ずつ、スクイ針で穴を開け

 

 ていくところです。

 

 

 

 

  内側から外側に向かい、ちょうど

 

 「土手」の付け根に穴が開くよう、

 

 位置を調整しながら作業します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  中底の準備ができたら、続いて

 

 つり込みです。

 

 

 

  甲革(アッパー)に、カカト芯を

 

 入れ、接着剤を塗っておきます。

 

 

 

 

  この接着剤のおかげで、裏地、

 

 芯、表地の革が一体となり、丈夫

 

 な芯になります。

 

 

 

 

  芯を所定の位置に貼り合わせておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  つま先から釣り込み。

 

 

 

 

  全体のバランスを見ながら、

 

 大まかに仮釣り込みします。

 

 

 

 

  先にカカトを本釣り込みし、

 

 後でもう一度、つま先を本釣

 

 り込みします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  つま先の本釣り込み。

 

 

 

 

  いったん仮留めしたつま先を

 

 開き、カカト芯同様に、先芯を

 

 接着してから、作業開始。

 

 

 

 

 

  ここで甲に皺が残らないよう、

 

 しっかり釣り込みします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

  こちらはやはり手縫いの、チャッカーブーツを

 

 制作中の Oさんです。

 

 

 


 

  革積み上げのカカトに、化粧

 

 ヒールを取り付けていきます。

 

 

 

 

  今回使う化粧ヒールは、ゴム製

 

 のタイプ。滑り止め効果の高い、

 

 耐久性重視のものです。

 

 

 

 

  革靴の既製品でもよく使われる、

 

 ゴムと革のハイブリッドタイプも

 

 人気があります。

 

 

  この辺はお好みで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ズレないように注意しながら、

 

 位置を合わせたら、圧着します。

 

 

 

 

  前足部は黒く染色してあるので、

 

 ゴムのヒールと合わせて、靴底は

 

 オールブラック仕上げ。

 

 

 

 

  手で押さえた後、更にハンマーで

 

 叩き、しっかり圧着しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ヒール外周を削ります。

 

 

 

 

  あらかた仕上げに近い形に

 

 なっていたヒールを、化粧板

 

 と一緒に、最終仕上げ。

 

 

 

 

  グラインダーで削ると、あっと

 

 いう間に削れるので、やりすぎ

 

 注意。

 

 

 

  その分、面出しはとても楽です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  鉢巻きのヘリを整えます。

 

 

 

  側面をヤスリで削ると、角が

 

 立ってくるため、ヘリを落とし

 

 ます。

 

 

 

 

  ウエルト全周も、同様に角を

 

 落として整えておきます。

 

 

  これで仕上がりの完成度が、

 

 大分違ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  最終のヤスリがけ。

 

 

 

  機械のヤスリは目が粗いもの

 

 なので、更に番手を上げ、表面

 

 をきめ細かく仕上げます。

 

 

 

  何回かに分けて、最終的には

 

 400番程度のペーパーで、つる

 

 つるの表面を作ります。

 

 

 

 

  この後、染色、ロウを入れていきます。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:58 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode