Page: 1/106   >>
革。

 

 

  オリジナルデザインの内羽根を

 

 作っている、Kさんです。

 

 

 

 

 

 

  釣り込みの時に使っていた

 

 仮釘を抜き取ります。

 

 

 

 

  接着の固定を補強するため、

 

 内側に折り曲げてあり、見落と

 

 しがち。

 

 

 

  抜き忘れると、大変です。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  真ん中の空間に中物を入れます。

 

 

 

 

  はじめに型紙を取り、ぴったり

 

 押し込めるように、少し大き目に

 

 切り出します。

 

 

 

 

 

  使うのは、段差の厚み分の板

 

 コルクから。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  切り出したコルクを、現物合せ

 

 で更にぴったりに削ります。

 

 

 

 

  その後接着剤で貼り込みますが、

 

 少しだけ大き目なので、淵の部分

 

 を押し込むようにします。

 

 

 

 

  必ずしも1枚もので貼る必要は

 

 ありませんが、全てぴったりだと、

 

 やはり気分はいいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  今回のソールは、革です。

 

 

 

  しかも接着での底付け。

 

 お手軽に革底の靴を作りたいと

 

 いうことで。

 

 

 

  圧着には、跡が残らないよう

 

 こくり棒で満遍なく力を加え、

 

 接着面を安定させます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  底の接着が出来上がったところ

 

 で、コバ周りを切り回し。

 

 

 

 

  切れ味良い包丁でスッパリと。

 

 

  ラバーソールと違い、革底は

 

 割と楽に切り取れます。

 

 

 

 

  積み上げソールは、すでに一

 

 段目の革を貼ってありますが、

 

 調整はまだこれから。

 

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:54 | comments(0) | - | pookmark |
イメージ通り。

 

 

 

  当工房では、手軽に挑戦できる短期靴作り教室を

 

 開催しています。

 

 

  中でも人気のインディアン・モカシン。

 

 3時間×4回で、あるきやすいモカシンが完成します。

 

 



 

  人生初の手作り靴に挑む、 Iさん。

 

 

 

 

  来られる方は皆さん、大体そうですが...。

 

 

 

 

  サイズごとに型紙が決まっているので、

 

 試着用の靴でフィッティング後、革を

 

 選んで裁断します。

 

 

 

 

  Iさんは爽やか系の革を選びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  裁断したパーツをミシン縫製。

 

 

 

  かかとを左右から合わせて縫いますが、

 

 二枚重ねなので、少々縫いにくいところ。

 

 

 

 

  距離は短く、表から見えないところなので、

 

 慎重に縫えばOKです。

 

 

 

  手縫いの穴あけは、済ませてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ミシンの工程がだいぶ進んで、

 

 サイドの飾り紐の穴をあけます。

 

 

 

 

  わかりやすいよう、木型にセットして、

 

 全体のイメージから、位置決めをします。

 

 

 

 

 

  穴あけは革ポンチでこつんと一撃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  履き口周りは細い革を縫い付けて、

 

 補強と飾りにします。

 

 

 

 

  いったん淵を縫い割して折り返した

 

 革を、ピンチで固定してミシンにかけます。

 

 

 

 

 

  飾り紐は、あらかじめ通しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  履き口周りの縫製。

 

 

 

 

  本体部分でミシンを使う工程は、

 

 ここが最後です。

 

 

 

 

  完成後も、しっかり目立つところ

 

 なので、ステッチラインに注意して、

 

 縫い進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  甲の作業に入ります。

 

 

 

  一枚の革でもいいのですが、上に

 

 切り替えの革を載せて、個性を出す

 

 こともできます。

 

 

 

  Iさんは白ベースに青系の切り替え

 

 を載せ、あくまで爽やかな印象で。

 

 

 

 

  あらかじめ飾り紐を通す穴をあけてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  本体と甲を縫い合わせます。

 

 

 

 

  ここは手縫いで、木型を収めてから

 

 徐々に引き絞って形にしていきます。

 

 

 

 

  まずはゆるゆると手で大まかに編み

 

 込み、仮紐も使って全体のバランスを

 

 取ります。

 

 

  その後工具を使って引き絞り、革を

 

 伸ばしつつ馴染ませます。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  この後、カカト側のつり込みを行い、

 

 ゴムのソールを取り付ければ、完成です。

 

 

 

 

  写真の一般的なラバーのほか、独特な

 

 クッション性のある、天然クレープゴム

 

 を選ぶこともできます。

 

 

 

  硬い芯がないのでとても楽。

 

 ご近所のお散歩から、お出かけまで、ぜひ

 

 ご活用ください。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:23 | comments(0) | - | pookmark |
オフシーズン

 

 

 

 

  当工房では、靴づくり教室と、オーダーメイド靴作りがメインですが、

 

 時折いただく修理のご依頼も、お受けしています。

 

 

 

 

  まとめて修理ご依頼の品。

 

 

 

  たいてい、シーズン前にご依頼

 

 いただく修理ですが、シーズン後

 

 に実施するのが良いタイミング。

 

 

 

  クラークスファンの方は、複数

 

 ご依頼いただくことも多いですが、

 

 4足まとめて、というのはなかなか

 

 ありません。

 

 

 

 


 

  モカシン系は、甲のモカ縫いを

 

 解いてから、底を縫ってある糸を

 

 切ります。

 

 

 

  つま先側など、縫い直す際は、

 

 この方が早道です。モカ縫いも、

 

 綺麗にリセットできますしね。

 

 

 

 

  底に、縫い目の跡が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  新しいソールを縫い付け。

 

 

 

  このタイプは、まず薄いゴムを

 

 縫い付け、そこに厚いゴムを積み

 

 上げます。

 

 

 

 

  この手縫い針は、先に糸を収め

 

 る溝があり、縫う場所に糸を自由

 

 に抜き差しでき、便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 


  ソール交換後。

 

 

  モカ縫いも縫い直され、キリリ

 

 と引き締まった感じです。

 

 

 

  ゴムソールが新しくなって弾力

 

 も復活し、元通り独特な履き心地

 

 を楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 


  こちらはデッキシューズ修理後。

 

 

 

  真っ白なソールになり、爽やか

 

 さが増しました。

 

 

 

  古くなると、見た目がくすんで

 

 きますが、素材も変質してきます。

 

 

 

 

 

 


 

  こちらはヒール付きです。

 

 

  硬化していたのでオールソール

 

 交換です。

 

 

  合成ゴムは天然クレープほどでは

 

 ないですが、


 

 

 

  古いゴムでは、滑りやすいですしね。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  こちらはヒールの修理です。

 

 

 

  全体的に、さほど劣化がなかった

 

 ため、減っていたヒールだけ交換し

 

 ました。

 

 

 

  それでも外周をひと通り削り、美観

 

 を整えてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 


  こちらは定番のナタリー。

 

 

  つま先からかかとまで一枚のゴムで

 

 覆われているのが特徴的です。

 

 

 

  クラークスはこれでなくちゃ、と

 

 いう方も多いと思います。

 

 

 

 

 


 

  カカト側まで全体をオールソール

 

 交換してあります。

 

 

 

  こちらはご要望により、ソール厚

 

 を増やし、「持ち」を良くすること

 

 もできます。

 

 

 

 

  クラークス系も多くご依頼いただいておりますが、

 

 修理したい靴がある場合、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 13:35 | comments(0) | - | pookmark |
隠れポイント

 

 

 

 

 

 

  外羽根靴制作中の、Yさんです。

 


 

 

  本番用の革を、裁断します。

 

 

 

 

  革の伸び方向を考慮しつつ、

 

 型紙を無駄のないように並べて

 

 型入れします。

 

 

 

 

  傷なども最初にチェックして、

 

 パーツの部分に入らないように

 

 しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  銀ペンで型入れした線の

 

 通りに、包丁で切り出します。

 

 

 

 

 

  基本的には線の通りですが、

 

 厳密には線が残らないように

 

 切るのがポイント。

 

 

 

 

 

  今回は、折込処理するので

 

 その余裕寸もついています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  外周を漉きます。

 

 

 

 

  今回は履き口周りを中心に、

 

 折込処理して、丁寧な仕上げ

 

 を目指します。

 

 

 

 

 

  そのための漉き作業は大変

 

 手間がかかりますが、やるだけ

 

 の甲斐のある工程です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  だいたいの漉き作業が

 

 終わったところ。

 

 

 

 

  きれいに折り込みできる

 

 かどうかは、この段階で決

 

 まります。

 

 

 

 

  何事も下準備が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  続いて裏地を裁断します。

 

 

 

 

 

  こちらは裏地用の型紙を

 

 使って、型入れ・裁断します。

 

 

 

 

 

  表地と余裕寸や形状自体も

 

 違うので、専用で型紙を用意

 

 してあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  各パーツを、ミシンで縫い

 

 合わせます。

 

 

 

 

  まずは、踵の縫い割から。

 

 

 

  二枚の革を重ねて縫うので、

 

 少し難しい部分があります。

 

 

 

  が、縫い目自体は目立たない

 

 ので、最初の挑戦にはいいかも

 

 しれませんね。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:22 | comments(0) | - | pookmark |
素のまま

 

 


 

  オリジナル・デザインの内羽根を作っている、

 

 Kさんです。

 

 

 

  ここからアッパーの仕上げ。

 

 

 

 

 

  ざっくりとした印象から、

 

 手縫い仕上げでも合いそうな

 

 雰囲気です。

 

 

 

 

 

  アッパーの縫製は、すべて

 

 ミシンで行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  ミッドソールを削ります。

 

 

 

 

 

  中底素材は、ファイバーと

 

 レザーのハイブリッド。

 

 

 

 

  底全体のラインをきれいに

 

 整えるため、グラインダーで

 

 削り込んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  月形を作ります。

 

 

 

 

  月形芯は、足をカカトから

 

 すっぽり包み込むように作り

 

 ます。

 

 

 

 

  外形は徐々に薄くなるよう

 

 漉いて、段差がないように仕

 

 上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  芯をセットしたアッパーを、

 

 木型に釣り込みます。

 

 

 

 

  ワニで力強く引き込み、釘で

 

 仮留めしつつ形を整えます。

 

 

 

 

  つま先側を仮固定後、かかとを

 

 接着剤で釣り込み固定し、全体の

 

 バランスを見ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  かかとのつり込み後、更に木型

 

 に合わせ、つま先心を作ります。

 

 

 

 

  徐々に厚みが薄くなるように、

 

 床革を漉いて作るのは同じですが、

 

 こちらは木型の形になじませつつ、

 

 外形を細かく削り込んでいきます。

 

 

 

 

  上から甲革で仮釣り込みして、

 

 芯の形を整えます。

 

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:14 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode