Page: 1/107   >>
すっぽり。

 

 


 

 

  靴教室に参加以来、使用中の靴の修理など、

 

 いろいろな作業をしている Mさんです。

 

 

 

  今回は、自分で作りたかったという

 

 ストラップサンダルの続きです。

 

 

 

 

  手縫いの工程に入っています。

 

 

 

 

  底周りを本体の革、といっても

 

 一枚の革ですが、仮接着した後、

 

 縫い付けていきます。

 

 

 

 

  やはり手縫いだと独特の存在感。

 

  引き絞る力に注意しながら、黙々
 

 と縫い進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  底材を切り出し。

 

 

 

  今回は、しっかり目のソール

 

 にしたいということで、サンダル

 

 等に使われるスポンジソールに。

 

 

 

  ビルケンシュトックにも使われる、

 

 軽〜いタイプです。

 

 

 

  まずは位置決めから。

 

 

 

 

 


 

 

 

 


 

  ソールの型紙で型入れし、

 

 『マイ』クラフト鋏で切り出し。

 

 

 

  ご自分でいろいろ作業をされる

 

 方なので、自前工具も多いです。

 

 

 

  小さな鋏ですが、こうした

 

 スポンジソールなら、楽に切る

 

 ことができます。

 

 

 

  大雑把に裁断した後で、グラ

 

 インダで仕上げ削りします。

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 

 

  外周をきれいに削ったソールに、

 

 本体を取り付けます。

 

 

 

  つま先側とかかと側の両方に、

 

 接着の目安となる印をつけて、

 

 ズレのないように接着します。

 

 

 

 

  組み合わせた後、しっかりと

 

 圧着します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 

  本体への接着後、改めてソールと

 

 ともに仕上げ削り。

 

 

 

 

  材質が柔らかめのスポンジソール

 

 なので、削りすぎに注意しながら、

 

 全体のバランスを見つつ、作業を

 

 進めます。

 

 

 

 

  革本体に傷を入れないよう、注意

 

 しつつ作業します。

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 

  そして完成しました!

 

 

 

 

  中敷きとして、クッション性の

 

 良いスポンジゴムを入れ、実際の

 

 履き心地にも配慮してあります。

 

 

 

 

  すぽっと楽に履けるので、日常

 

 的に、ガンガン使い倒してほしい

 

 一足ですね。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:36 | comments(0) | - | pookmark |
ストラップたち。

 

 

 

 

  夫婦でお揃いのブーツを作ったり、何足も

 

 靴作りを楽しんでいる Oさんです。

 

 

 

 

  今回は、お気楽に履ける、普段履き用の

 

 サンダルを作ります。

 

 

 

 

  まずはデザインを考えます。

 

 

 

  といっても、はじめから大まか

 

 なスタイルは決まっていたので、

 

 ストラップの幅を決めていくのが

 

 メインです。

 

 

  なので割と早く決まります。

 

 

 

  紙にざっとパーツを書き、切り

 

 出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  型紙ができたら、さっそく

 

 仮縫いをします。

 

 

 

 

  このサンダルは中底以外は

 

 ストラップのみなので、簡単に

 

 切り出せます。

 


 

 

  しかし、形が似ていて間違え

 

 やすいため、組み合わせには要

 

 注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  仮縫いにミシンかけ。

 

 


  本来、この仮縫いのように、

 

 裏地のない部分は縫わないの

 

 ですが、練習と作成イメージを

 

 正確に見たいため、ステッチを

 

 入れてみます。

 

 

 

  基本的に調節はストラップだけ

 

 なので、割と簡単に完成します。

 

 

 

  試着して微妙な角度や、長さの

 

 調整を行い、すぐに本製作用の革

 

 を裁断します。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 


 

  いよいよ本製作用のパーツ。

 

 ストラップの折込みです。

 

 

 

 

  ざっくりした革サンダルだと、

 

 切りっ放しのままのストラップ

 

 もあります。

 

 

 

 

  が、今回はより上品な仕上が

 

 りを狙って、全ての端面を薄く

 

 漉き、折込処理しました。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

  折込をした表の革を並べ、

 

 裏地用の革を裁断します。

 

 

 

 

  これはもう現物合わせの方が、

 

 圧倒的に早くて、裏地用型紙の

 

 製作工程を省くため。

 

 

 

 

  これでも充分な精度で取れます。

 

 でも、サンダルだけの特権かな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  単純な形のパーツですから、

 

 現物合わせでも裏地がすぐに

 

 切り出せました。

 

 

 

 

  ここでも組み合わせを間違

 

 わないよう、きちんと並べて

 

 区別します。

 

 

 

 

  補強の布テープを入れ込み、

 

 縫う前にゴム糊で仮留めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  大きめに裁断した裏地を、

 

 曲がり癖をつけながら接着。

 

 

 


 

  こうした細かい作業の積み重ねが、

 

 完成した靴の 履き心地 を、 そして

 

 完成度を高めます。

 

 

 

 

  後から曲げると、とっても嫌な

 

 シワが入るんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  いよいよストラップを縫製

 

 します。

 

 

 

 

  ここでも完成した時の形をイメージ

 

 して曲げながら、縫い進みます。

 

 

 

 

  しかし縫うところでは平らにキープ

 

 することを意識して、ステッチを整え

 

 ます。

 

 

 

  直線なので、縫うのは楽なのが幸い。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:19 | comments(0) | - | pookmark |
原点。

 

 

 

 

  短期教室のSさんのモカシンシューズ、続きです。

 

 

 いよいよ後半戦。


 

 

  靴本体に、履き口の補強と

 

 飾りを兼ねた革テープを縫い

 

 付けます。

 

 

 

 

  縫ってから折り返すので、

 

 ステッチラインはギリギリ。

 

 

  ピンチで仮留めして、正確

 

 に縫えるよう準備します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ミシンでの縫製。

 

 

 

  縫い割ではフチぎりぎりを

 

 縫い進め、折り返し後は紐を

 

 通して、縫い割の反対側を、

 

 本体に縫い付けます。

 

 

 

  紐を通しているので、それ

 

 を縫ってしまわないよう注意

 

 が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  ミシンでの縫製が終われば、

 

 残すは手縫い作業。

 

 

 

  甲を本体に縫い合わせます。

 

 

 

  全体を編むようにゆるく縫い、

 

 徐々に工具で引き絞ります。

 

 

 

  そうすると、革全体が均等に

 

 伸び、バランス良い仕上がりに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  底材はクレープを削って。

 

 

 

 

  やはりモカシンといえばクレープ

 

 ソール。

 

 

  別に裁断したヒールを取り付け、

 

 本底と一緒に削ります。

 

 

  あとはズレないよう、靴本体に

 

 接着して、圧着します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  そして、完成です。

 

 

 

 

  革の色といい、作りといい、

 

 シンプルな、多くの人がすぐに

 

 連想できる、オーソドックスな

 

 モカシンに。

 

 

 

  やっぱりこういうのが、落ち

 

 着きますね。

 

 

 

  ご近所のお散歩から遠出まで、

 

 履きやすく使いやすい靴なので、

 

 末永くご愛用ください。

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:21 | comments(0) | - | pookmark |
サンライズ

 

 

 

 

  個性的なスリッポンを製作中の、

 

 Kさんです。

 

 

 


 

  いよいよソールを取り付け。

 

 

 

 

  素材はサンダル用のスポンジ

 

 ソール。

 

 

  一枚の板物なので、外形を

 

 写し取って、裁断します。

 

 

 

 

  まずは銀ペンで、ラインを

 

 引いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  パンプスには大まかに分けて

 

 単体のヒールと、カカトに向け

 

 厚みを増すウェッジソールの2

 

 タイプあります。

 

 

 

  今回はウェッジに決定。

 

 

  裁断した本底のほか、カカト

 

 側の楔状パーツを削りだします。

 

 

 

  小さいので、指を擦らないよう

 

 注意します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  本底と、積み上げ部分。

 

 

  おおまかに削ったパーツを

 

 仮合わせ。

 

 

 

  この段階で、ウェッジ角度

 

 をしっかり合わせておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  ウェッジ部分と、本底を

 

 底面に接着後、外形をツライチ

 

 になるように削ります。

 

 

 

  外形のおおまかなラインは

 

 出ているので、割と楽に仕上

 

 がります。

 

 

 

  本体の革を擦らないよう、

 

 細心の注意を払います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  そして、完成しました。

 

 

 

 

  とってもビビッドな、日の丸

 

 イメージ?!のスリッポン。

 

 

  金色の中敷きもポイントです。

 

 

 

  一見、室内履きにも見えますが、

 

 底はビブラムソール、しっかりと

 

 外で歩けます。

 

 

 

  日常の靴として、ガンガン使い倒してください!

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:58 | comments(0) | - | pookmark |
仮縫い一直線

 

 

 

  外羽根靴を製作中の、 Nさんです。

 

 

  前回までで、型紙をつくるところまで終わっていました。

 

 

 ここからは仮縫い靴の工程になります。

 

 


 

 

  仮縫い用の革を裁断します。

 

 

 

 

  布製品と違い、本製作用とは

 

 別の革を仮縫いに使います。

 

 

 

  そこで伸びの悪い革を仮縫い用

 

 として使っていますが、命あるもの

 

 からいただくのは変わりありません。

 

 

 

  無駄のないよう、効率よく型入れ

 

 していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  切り出したパーツの縫製。

 

 

 

 

  ミシンは苦手、という方も多い

 

 ですが、これもやはり慣れなので、

 

 数をこなすと、きれいな縫い目で

 

 仕上がります。

 

 

 

  最初に縫うのは、やはり簡単な

 

 ところから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  履き口周りの伸び留め処理。

 

 

 

  履き口には、強烈な力がかかる

 

 ため、伸びの抑止に布テープを

 

 貼り込みます。

 

 

 

  粘着剤が付いているので曲線

 

 部分も、上手に沿わせることが

 

 できます。

 

 

  剥がれやすいんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  補強芯の入る部分は、裏地を

 

 縫い付けます。

 

 

 

  先ほど取り付けた伸び留めも

 

 一緒に押さえておくイメージで。 

 

 

 

  しかし縫い目からはみ出ない

 

 ように注意します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  仮縫いの中底です。

 

 

 

  厚めのボンテックスを使って

 

 います。

 

 

 

 

  補正した木型の、底を写し

 

 取ったゲージで外形を書き入れ、

 

 切り出します。

 

 

 

  曲がり癖が付いているので、

 

 きちんと写せているか要注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  いよいよ仮縫い釣り込み。

 

 

 

  中底を固定した木型に、甲革

 

 (アッパー)を被せて釘で固定し

 

 ます。

 

 

 

  最初に全体のバランスを見て

 

 おくと、後々きれいに仕上がり

 

 ます。

 

 

  何事も、最初が肝心。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  釘で仮留めしておいた

 

 アッパーを、接着します。

 

 

 

 

  釣り込みにはとても力が

 

 必要なので、写真のような

 

 専用工具「ワニ」を使います。

 

 

 

  このワニは、てこの原理を

 

 使うため、革を破るほど引っ張る

 

 ことができます。

 

 

  こうした力加減も、練習のうち。

 

 

 

  ではまた。
 

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:12 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode