Page: 1/111   >>
基本に忠実

 

 

 

 

  オーソドックスな Mさんの外羽根靴、続きです。

 

 


 

  いよいよ底付作業に入ります。

 

 

 

  まずは釣り込みした底の甲革を、

 

 接着力が増すよう表面を荒らしま

 

 す。

 

 

 

  染色を落とすのと、平滑性をあ

 

 げて、接着剤が全体に機能するよ

 

 うにします。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ゴム底側も表面処理を。

 

 

 

 

  接着面をグラインダーで削り、

 

 全体を荒らしておきます。

 

 

 

 

  結果として表面積が増え、接

 

 着強度が上がります。

 

 

  特に剥がれてきやすい、外周

 

 部は抜かりなく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  いよいよゴム底の取り付け。

 

 

 

 

  靴本体の底面側と、ゴム底側

 

 両面に接着剤を塗り、設定した

 

 位置で貼り合わせます。

 

 

 

 

  この作業ではどうしても、多少

 

 のズレは生じてしまうもの。

 

 

  ゴム底は少し大きめに裁断して

 

 あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  押し縁を取り付けます。

 

 

 

 

  ここで外周の仕上げ削りの

 

 前に、コバ上面に飾りゴムを

 

 接着します。

 

 

 

  今回は手縫い製の靴っぽい、

 

 筋の入ったタイプで。

 

 

 

  より引き締まって見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  本底の外周を削ります。

 

 

 

 

  取り付けた押し縁の太さを

 

 基準に、外周の荒削りを。

 

 

 

 

 

  一部分を一気に削ろうとする

 

 と形が崩れるため、出っ張った

 

 部分を先に削ります。

 

 

 

  その後、全体を流れるように

 

 削っていくのがポイント。

 

 


  

  すべての工程で、基本に忠実な Mさんの丁寧な作業の

 

 おかげもあり、特に問題も起きずに制作が続いていきます。

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:46 | comments(0) | - | pookmark |
二面性

 

 

 

  久々に手縫いの作業工程の紹介です。

 

 ハンドソーンの底付をするのは、 Uさんです。

 

 

 

 

 

  手縫いですので、釣り込み後

 

 固定する際も、手縫いしていき

 

 ます。

 

 

 

 

  糸も、用途に合わせた太さに

 

 手で縒ったもの。

 

 

 

 

 

  ウェルト(細革)を合わせて、

 

 しっかりと縫い合わせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ウェルトを縫い付けたら、

 

 釣り込み後のアッパーの余分

 

 を切り落とします。

 

 

 

 

  糸を切らないように注意し

 

 ながら、包丁で丁寧に切って

 

 いきます。

 

 

 

  切り落とす側を引っ張りな

 

 がら作業します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  手縫い前の、釣り込みして

 

 仮釘で止めた状態。

 

 

 

  釘少なめですが、しっかり

 

 と浮きなく革を釣り込めてい

 

 ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  ウエルト縫い合わせ後。

 

 

  しっかり力を込めて縫うと、

 

 かっちりとした仕上がりに。

 

 

  途中で切れた糸は、中底側

 

 でつないでやると、見た目に

 

 影響なく仕上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 


  中心の凹み部分に、コルクを

 

 張り込みます。

 

 

 

  少し深さがあるので、何段か

 

 積み上げる必要があり、これは

 

 第一段目。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  場所によって深さが違い、

 

 部分的に補ってやる必要も

 

 あります。

 

 

 

 

  今回は板コルクを使いま

 

 したが、粒コルクと接着剤

 

 を練って使うやり方も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  中物コルクを取り付け後、

 

 革の本底を接着します。

 

 

 

 

  水で濡らした本底を、接着

 

 剤で取り付け、こくり棒で底

 

 のカーブに合わせます。

 

 

 

 

  ハンマーで叩くよりだいぶ

 

 ましですが、油断するとこれ

 

 でも跡が残るので注意します。

 

 

 

 

 

  手縫いの場合、この後さらに出し縫いが続き、

 

 かなりハードな工程ですが、同時に作る楽しみ

 

 も大きい部分ではあります。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:40 | comments(0) | - | pookmark |
手づくりの

 

 

 

 

  人気のベビーシューズ教室にお申し込みの、

 

 Kさんです。


 

 

  革の組み合わせは自由にでき、

 

 しっかりとした靴ができます。

 

 

 

 

  最初に革を選び、型紙通りに

 

 裁断していきます。

 

 

 

 

  まずフリンジ飾りを作るため、

 

 裁断したパーツに、細かい切り

 

 込みを入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  フリンジ部分を折り返し、

 

 ひもを通して縫い合わせます。

 

 

 

 

  切り込みの根元を目安に、

 

 ステッチラインを入れます。

 

 

 

 

  革を仮固定しているピンチ

 

 は早め早めに外し、縫製の

 

 邪魔にならないように注意

 

 します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  甲のパーツと、フリンジを縫

 

 った腰革を組み合わせます。

 

 

 

 

  最初に接着剤で固定し、その

 

 部分をミシンでしっかり縫い合

 

 わせます。

 

 

 

 

  靴の大きさが変わらないよう、

 

 位置決めは慎重に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  閂(かんぬき)を縫います。

 

 

 

 

  とても大きな力が繰り返し

 

 かかる場所なので、使ってい

 

 くうちにほつれてくることも。

 

 

 

 

 

  そこで最も力のかかる末端

 

 で折り返し、少し戻った先で

 

 返し縫いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  底革を縫い付けます。

 

 

 

 

 

  ここはロウを引いた太めの糸

 

 を使った手縫いで。

 

 

 

  手作りしている実感が、いち

 

 ばん強い作業かもしれません。

 

 

 

 

  はじめユルユルに縫っておき、

 

 あとから工具も使って引き絞り

 

 ます。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ここは最終の工具を使った

 

 工程です。

 

 

 

 

  かなり強めに引き絞ります。

 

 

  何段階かに分け、少しずつ

 

 強く引っ張ることで、革全体

 

 が均等に伸び、しっかりした

 

 靴に仕上がります。

 

 

 

  しばらく木型に収めたまま

 

 だと、革がその形状を記憶して、

 

 より一層形崩れしにくい靴になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ゴム底を接着します。

 

 

 

 

 

  革の底と、ゴム底の両面に

 

 接着剤を塗ります。

 

 

 

 

  革には接着剤が染み込むので、

 

 強度を保つために、さらに二度

 

 塗りしておきます。

 

 

 

  しっかりと圧着すれば、強力

 

 に接着されて、剥がれの心配も

 

 ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  そして、完成です!

 

 

 

 

 

  可愛らしい、そして丈夫な

 

 ベビーシューズです。

 

 

 

 

  まずは室内履きなどで履き

 

 慣れていただき、お散歩デビュー

 

 の際に、ぜひご活用ください。

 

 

 

 

  最短1日から手作りを楽しめる、

 

 ベビーシューズ教室の模様でした!

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:20 | comments(0) | - | pookmark |
初釣り込み

 

 

 

 

  初めての手作り靴。オーソドックスな外羽根に

 

 挑戦中の Mさんです。

 

 

 

 

 

  中底の仕上げをしています。

 

 

 

 

  大まかに木型の底形に切り

 

 出した中底を木型にあてがい、

 

 余分を削り落とします。

 

 

 

 

  木型に貼った補正革まで、

 

 削ってしまわないよう注意

 

 します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  出来上がっていた甲革を

 

 仮釣り込み。

 

 

 

 

  専用工具のワニで、底側

 

 からアッパーを引っ張り、

 

 釘留めします。

 

 

 

 

  全体のバランスに注意し

 

 ながら、作業します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  先にカカト側を処理して

 

 ありますが、先芯を取付け。

 

 

 

 

 

  事前に裏地の革を釣り込

 

 んで接着してあり、裏地と

 

 だけ接着剤で固めて、仮釣

 

 り込みします。

 

 

 

 

  まずは裏地と芯の一体化

 

 を図ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  接着剤が固まったら、芯の

 

 表面を削って整えます。

 

 

 

 

  目立つ部分なので、左右差

 

 がないよう仕上げなければい

 

 けません。

 

 

 

 

  形が整ったら、表革と接着

 

 しつつ、本釣り込みをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  釣り込みした革を整え、中心

 

 部分の空洞に中物を入れます。

 

 

 

 

  写真は板コルクですが、場合

 

 によっては粒コルクにボンドを

 

 混ぜ使用します。

 

 

 

  クッション性があって、調湿

 

 機能も期待できるため、当工房

 

 では主にコルクを使用します。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:03 | comments(0) | - | pookmark |
楽しく通勤

 

 

 

 

 

  ご家族に靴を作っている Yさんです。


 

 

 

  いよいよ底付の作業です。

 

 

 

 

 

  セメンテッド製法なので、全面に

 

 接着剤を塗ります。

 

 

 

 

 

  特に強度が求められる外周は、接

 

 着剤が少なかったり、塗り残しがな

 

 いよう、特に注意して作業します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ゴム底の加工です。

 

 

 

 

  手で削るのは大変なので、動力

 

 を利用して削ります。

 

 

 

 

  特にヒールは摩耗に強い素材で

 

 硬いため、しっかり押し当てながら

 

 作業します。

 

 

 

  大まかに形が合ったら、取り付け

 

 ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ヒールの角度調整。

 

 

 

  ヒールが別パーツで取り付ける

 

 場合、角度調整が必須です。

 

 

 

  接地する化粧板の前に、高さ調

 

 整の段を取り付け、完成の角度を

 

 考えつつ、削ります。

 

 

 

  ソールはシューズのソールでは

 

 一番人気、ビブラム社製ダイナイト

 

 タイプ。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ヒール外周の仕上げ。

 

 

 

  角度を合わせて化粧ヒールを

 

 接着したら、外周を仕上げます。

 

 

 

  ヒールが固いのと、それ以外の

 

 コバで厚みが違うため、削りすぎ

 

 ないよう、注意します。

 

 

 

  仕上げは、特に丁寧に!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  そして、完成しました!

 

 

 

 

  大変オーソドックスな、皆さん

 

 のイメージする、きっちりとした

 

 「ビジネスシューズ」です。

 

 

 

 

  足に合わせて作っているので、

 

 既製品とは当然、履き心地が違い

 

 ます。

 

 

 

  ぜひ、履き心地を楽しみつつ、

 

 通勤していただきたいです。

 

 

  毎日の出勤が、少しでも楽しくなるといいなぁ。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:16 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode