Page: 1/97   >>
て・を・とりあって

 

 

 

  ベビーシューズ教室にご夫婦で参加の、

 

 Aさんです。

 

 

 

 

  組み合わせにちょっと迷いつつ、

 

 好みの革を選んだら早速、型紙を

 

 革の表面に書き写していきます。

 

 

 

 

  外形をなぞって書き込み、手縫い

 

 穴の位置にも、印を入れます。

 

 

 

 

  秋冬は、やっぱりこうした起毛の

 

 革が人気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  穴あけは旦那さまが。

 

 

 

 

  型入れの際に書き込んだ目印を

 

 参考に、記入のズレを補正しつつ、

 

 革ポンチで穴あけします。

 

 

 

 

  最終的に、この穴開けの位置で

 

 完成品の見栄えが変わるので、大事

 

 な作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ヒール側のクッションを取り付け。

 

 

 

  履き口周りに、あたりの柔らかい

 

 クッションを取り付けます。

 

 

 

  最初に、中にスポンジを仕込んだ

 

 餃子のようなクッションを作ります。

 

 

 

 

  本体側は、クッションのラインに

 

 合うように裁断します。まずは銀ペン

 

 で下書きします。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ミシン作業は奥さまが。

 

 

 

  接着剤で仮固定したクッションを、

 

 ミシンで縫い合わせていきます。

 

 

 

  クッションの反発でそのままでは

 

 縫いづらいので、ドライバーで押さえ

 

 ながら、縫い進みます。

 

 

 

  ステッチラインが流れないように注意

 

 しながら、作業します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  縫い合わせた裏地の余分を、

 

 切り落とします。

 

 

 

  履き口周りの余裕分のほか、

 

 組み合わせる甲のパーツと噛み

 

 合う部分に、切れ込みを入れて

 

 おきます。

 

 

 

 

  しっかりと型紙と見比べて、

 

 ズレのないように注意します。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  甲の部分との縫い合わせ。

 

 

 

  奥さまの作業を見て、これなら

 

 出来そうかな?と、旦那様が挑戦

 

 してみました。

 

 

 

 

  ゆっくりと慎重に縫えば、強度

 

 も見た目も大丈夫!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  続いての、手縫い作業は片足ずつ

 

 手分けして。

 

 

 

  底周りを手縫いしていきますが、

 

 糸を徐々に引き絞り、全体の革が

 

 均等に伸びるようにします。

 

 

 

 

  はじめゆる〜く編むようにして、

 

 何段階かに分けて、強く引き絞り

 

 ます。

 

 

 

  結構、力のいる作業です。

 

 

 

 

 

 

 


 

  そして細かい仕上げをしたら、完成です!

 

 

 

 

  オーソドックスな紐靴タイプの、正統派

 

 ベビーシューズの出来上がり。

 

 

 

 

  表面がスムースの革と、起毛の革の組み

 

 合わせで、質感の変化も面白いですね。

 

  ちょっと「大人な」ベビーシューズに

 

 なりました。

 

 

 

  いっぱい歩いて、お散歩を楽しんでください。

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |
補正靴

 

  当工房ベテランの K さんです。

 

 

 

 

  知り合いの方用に、外反母趾の足に

 

 合わせた補正靴を製作中。

 

 

 

 

  仮縫いで充分フィッティングを確認

 

 後、本制作に入っています。

 

 

 

  ちょっと変わったデザインの靴ですが

 

 組み合わせる部分を漉くのは同じ。

 

 

 

  丁寧に漉いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  カカトの縫い割。

 

 

 

 

  多くの甲革で、最初に縫う部分ですが

 

 力のかかる部分でもあるので、他とは

 

 違う縫い方をしています。

 

 

 

  なるべくギリギリを、一定幅で縫う

 

 のがポイント。

 

 

 

  カカトの引手が付いた形なので、縫製

 

 もさらに難易度高めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  この靴のデザイン上のポイント

 

 でもある、ストラップを取り付け。

 

 

 

 

  ミシンで縫い合わせる前に、強力

 

 な接着剤で固定しておきます。

 

 

 

 

  靴本体に、角度に注意しながら

 

 接着していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ここで裏地を裁断します。

 

 

 

 

  表の革は黒なので、赤はとても

 

 映えますね。

 

 

  市販の靴でも、結構多い組み合せ。

 

 

 

  表と若干形状が変わるので、それ

 

 用に作った型紙で、型入れします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  裏地も、足に当たる部分は丁寧に

 

 漉いて、段差をなくします。

 

 

 

 

  やわらかい裏地の革も、当たりの

 

 強い部分では、痛みにつながります。

 

 

 

 

  また薄く、柔らかいため表の革以上

 

 に伸びやすいので、包丁の切れ味も、

 

 さらに重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  いよいよ裏地と合わせ、縫製。

 

 

 

 

  先に縫える部分から、糊で仮留め

 

 した部分を縫い合わせていきます。

 

 

 

 

  ベーシックな型紙の靴と違い、

 

 少し変わったデザインの靴は、作業

 

 工程の順序も、よくよく考えて行う

 

 必要があります。

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 21:41 | comments(0) | - | pookmark |
ハトメ、カシメ。

 

 

 

  ブーツのアッパー製作中の、K さんです。

 

 

 


  全体にハードな印象のブーツですが、

 

 ハトメの穴は、金具を入れてカジュアル

 

 な感じに。

 

 

 

 

  一つ一つを取り付けますが、まずは

 

 紐穴を、革ポンチで開けていきます。

 

 

 

 

  膝上で作業するのがやり易いですが、

 

 数が多いと案外痛いんですよね...。

 

 

 

 

 

 


 


 

  穴が空いたら、適切な大きさの金具を

 

 取り付け、専用の打ち具でカシメます。

 

 

 

 

  今回は、裏からも金具を押し当てて

 

 きれいにカシメるやり方で。

 

 

 

  工具も金具の大きさ専用のものを

 

 使って、丁寧に作業します。

 

 

  あまり強くカシメめると、表の

 

 金具が歪んだり、傷が入ったりしてしまいます。

 

 

 

 


 


 

  ハトメ金具を取り付け終わった

 

 腰革(甲革)。

 

 

 

  強すぎず弱すぎず、きれいに装着

 

 できました。

 

 


  ただの革ポンチの穴とは、表情が

 

 全然違いますよね?

 

 

 


 

 

 


 

  さらにパーツを組み合わせて、

 

 甲革の縫製作業。

 

 

 

 

  なかなか縫いづらいカンヌキ

 

 (羽根の根元)部分。革をなるべく

 

 フラットに保ち、機械にストレス

 

 を与えないように保持しながら、

 

 縫っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 

  手縫いの底付け用なので、中底は

 

 革から削り出して作ります。

 

 

 

  濡らした後、木型に固定して癖付け

 

 してある中底革ですが、外周を木型の

 

 底面とピッタリに削り込みます。

 

 

 

 

  最終的には、木型にあてがいつつ、

 

 ナイフを滑らせて削りますが、確認の

 

 際、邪魔になる角のバリを、先に落と

 

 しておきます。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:29 | comments(0) | - | pookmark |
デザイン軸

 

 

  最初の一足を製作中の、Kさんの内羽根続きです。

 

 ちょっと前から、平日夜に不定期の受講。

 

 

 

 

  ただいま、木型の補正中。

 

 

 

  あらかじめ漉いて形を整えた

 

 床革を接着、全体の形状を確認

 

 しつつ、仕上げ削りをします。

 

 

 

 

  木型の本体と接する部分は、

 

 あとから削りづらいため、貼る

 

 前に完全な形に整えておきます。

 

 

 

 

 

 


 

 


  革を貼り成型する作業が終わった

 

 ら、次は型紙の制作です。

 

 

 

  最初に、木型のセンターラインを

 

 引きます。

 

 

 

  これはカカト側。まっすぐ型紙の

 

 分割ラインを入れます。

 

 

 

  つま先側は、更にうねった形なので

 

 引きづらくありますが、同じように線を

 

 引いていきます。

 

 

 

 

 


 


 

  センターラインが引けたら、実際に

 

 紙を押し当て、型紙を作っていきます。

 

 

 

 

  まずは木型なりに、ベースとなる形

 

 を切り出し、木型片側にピッタリの

 

 「原型」型紙を作ります。

 

 

 

 

  この段階で、デザインのほとんどの

 

 要素を決定してしまいます。

 

 

  お仕事柄、デザインにひと工夫を加えた靴に

 

 なりそうです。

 

 

 


 


 

  ベースの型紙が出来たら、それを

 

 基に、さらにパーツ毎の型紙を作ります。

 

 

 

 

  デザインを煮詰めつつ、型紙が木型に

 

 ぴったりになるよう、切り詰めていきます。

 

 

 

 

  パーツ毎に分割すると、さらに余分な紙を

 

 切り落とせますが、慣れないうちは当てる度

 

 にズレ、何が正しいかわからなくなりがち。

 

 

 

 

  特に最初は根気よく、何度も確認して合わせていきます。

 

 

 

 

 


 


 

  型紙終了後、仮縫いの制作です。

 

 

 

 

  仮縫い用の革を使い、出来上がった型紙

 

 をチェックするため、実際に革で試着用の

 

 靴を作ります。

 

 

 

 

  裁断した革を接着剤で仮固定し、ミシンで

 

 縫製します。

 

  平面だった革が、だんだん立体的になって

 

 いきます。

 

 

 

 

 

 


 


 

  仮縫い用のアッパーと並行して、同じく

 

 仮縫いの中底を用意します。

 

 

 

 

  当工房では、トライアル用の中底には

 

 使いやすい厚手のボンテックスを使用して

 

 います。

 

 

 

  あらかた裁断したら、木型に当てて、さらに

 

 ぴったりに削って仕上げます。

 

 

 

 

  この試着用の靴が出来たら、実際に試着を

 

 して合いを確認して、木型・型紙の修正後、

 

 本制作に入る流れになります。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:20 | comments(0) | - | pookmark |
フリーハンド

 

 

 

 

  ベビーシューズ教室に参加の、I さんです。

 

 

 


 

  だいたい色のイメージも固まっている

 

 ようなので、すぐに革の裁断に入ります。

 

 

 

 

  サイズさえ決まれば、型紙は既定の

 

 ものがあるので、すぐに革に当てて、

 

 銀ペンで記入していきます。

 

 

 

 

  ここでも革の伸び方向に注意しつつ、

 

 無駄の出ないように作業します。

 

 

 

 

 

 


 


 

  裁断したパーツに、穴を開けます。

 

 

 

 

  極小の革ポンチで、手縫い用の穴を

 

 開けていきますが、かなり音がするので、

 

 今回は市販の中敷き用クッションを下に

 

 敷き、ハンマーで打ちました。

 

 

 

  意外と消音効果あり(^^)

 

 

 

  型紙を記入する際のズレも、この時点で

 

 目見当で修正するときれいに仕上がります。

 

 

 

 


 


 

 

  モカシンタイプの一番細かい作業?

 

 

 

  履き口周りのフリンジ飾りとして、

 

 ナイフで切り込みを入れます。

 

 

 

  フリーハンドで作業するので、一定の

 

 幅になるよう注意しつつ、作業します。

 

 

  気を付けないと、最初と最後でかなりの

 

 幅の違いになってしまうので...。

 

 

 

 

 

 

 


 


 

  ミシンでの縫製。

 

 

 

  フリンジを折り返して、靴紐を通した

 

 うえで、縫い合わせます。

 

 

 

  これは最もシンプルな1枚革のタイプ

 

 なので、作業も簡単です。

 

 

 

  革ひもを縫い付けてしまわないように

 

 注意します。切れた時に、交換できない

 

 と困るので。

 

 


 

 


 

  手縫い作業があったのですが、今回は

 

 一気に底付けから(実は写真を取り忘れ)。

 

 

 

 

  木型を入れて底周りを手縫いしたら、

 

 ゴムの本底を貼り付けます。

 

 

 

 

  左右を間違えやすいので、しっかりと

 

 区別して作業します。貼り合わせ後、手

 

 で軽く押し付けたら、ハンマーで叩いて

 

 圧着します。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  そして最終仕上げ。

 

 

 

  底周りの手縫い糸の末端の処理を

 

 して、中敷きを貼っていきます。

 

 

 

  あちこちに接着剤が付かないよう。

 

 きちんと中敷きをセットしてから、

 

 接着します。

 

 

 

  そして、紐を結べば完成です!

 

 

 

 

 

 

 


 


 

  かわいらしい、しっかりと歩けるベビー

 

 シューズが完成しました。

 

 

 

  この1枚革モカシンタイプは、早ければ

 

 3時間で完成する、入門にはピッタリの、

 

 ベビーシューズです。

 

 

 

  じっくり作っても、半日で完成します。

 

 

 

  1歳前後の、歩き始めるころのお子様や、

 

 お誕生プレゼントにもどうぞ。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:42 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode