Page: 1/101   >>
自由な時間


 

  Sさんのベビーシューズ、

 

 最後の仕上げです。

 

 

 

  本底の天然クレープを

 

 裁断します。

 

 

 

 

  薄手のゴムなので、包丁

 

 で簡単に切り出せます。

 

 

 

 

  革と違って方向性も考え

 

 なくていいので、気楽です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  位置をしっかり合わせ、底に

 

 ゴムを貼ります。

 

 

 

 

  強力な接着剤で付けるので、

 

 一発勝負の「ズレ」厳禁。

 

 

 

 

  カカトから合わせて、全体を

 

 ぶれない様に乗せると、失敗が

 

 少ないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  そして2足合わせて完成

 

 しました。

 

 

 

 

  独特の飾りつけで、かわ

 

 いらしい靴に仕上がってい

 

 ます。

 

 

 

 

  お二方とも、きっと喜ばれる

 

 ことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ベビーシューズは無事終了した

 

 ので、もう一方のプレゼントの作

 

 業に入ります。

 

 

 

 

  平らで大きな部品を漉いて、縫う

 

 部分の仕上がりが、厚くなり過ぎ

 

 ないようにします。

 

 

 

 

  何を作っているかというと...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「ポーチ」を作ります。

 

 

 

  口が大きく開くタイプなので、

 

 上辺にファスナーを付けます。

 

 

 

 

 

  革もはっきり違う2色を使い、

 

 好みの飾りつけとともに、市販

 

 品に無いものを目指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  その飾りを、本体に付けます。

 

 

 

 

  あらかじめ切り出しておいた

 

 飾り革を、接着剤で固定。

 

 

 

 

  ちょっとしたバランスで、印象

 

 が大分変ります。位置決めは大事。

 

 

 

 

  この後、ミシンで縫い付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  反対側の面にも、別の飾りを。

 

 

 

 

  それぞれ本体色と飾りの色が

 

 入れ替わり、違う雰囲気を醸し

 

 出しています。

 

 

 

 

  同色を組み合わせているお陰か、

 

 不思議な統一感もありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  全体を縫い合わせます。

 

 

 

 

  言ってみれば単純な袋ですが、

 

 使う革の厚みに合わせた余裕寸

 

 を付けたステッチラインで。

 

 

 

 

  こういった細かい所はやはり、

 

 現物の革を使わないと正確には

 

 分かりませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  とりあえず完成!

 

 

 

 

  でもこれをたたき台にして、

 

 大きさの微調整を含め改良した

 

 バージョンを作ります。

 

 

  で、こちらは自分で使うとか。

 

 

 

  プレゼントのポーチは、更に

 

 いいものに仕上がりそうですね!

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:06 | comments(0) | - | pookmark |
詰め

 

 

  ご家族ためのスリッポン 制作中の Yさん、

 

 いよいよ最終仕上げです。

 

 

 


 

  グラインダーで、ソール外周

 

 を仕上げ削り。

 

 

 

 

  先に取り付けた押し縁の幅を

 

 目安に、外周をきれいなライン

 

 でつなぐようにします。

 

 

 

 

  部分的にメリハリをつけると、

 

 より引き締まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  ヒールの取り付け。

 

 

 

  底面は若干ですが立体的な

 

 曲面なので、取り付ける側も

 

 軽いすり鉢状に加工します。

 

 

 

  さらにソール面も、少しだけ

 

 平らに削ります。

 

 

 

 

 

 

 


  ヒールの圧着中。

 

 

 

  ぴったり合うよう部材を

 

 削り出してあれば、それほど

 

 強い圧着の必要はありません。

 

 

 

  しばらく置いて、接着剤が

 

 安定したら、更に削ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ヒールの角度、高さを調整。

 

 

 

  ソール面に対し一定の角度を

 

 保ち、グラインダーで削ってい

 

 きます。

 

 

 

  チェックするときはこの上に

 

 積む化粧ヒールを重ねた状態で、

 

 仕上がり角度を見ていきます。

 

 

 

  靴の安定感、歩行のブレに影響する、

 

 とても重要な作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  木型を抜いてから、仮釘の出っ

 

 張り跡や、固定釘の頭が出ている

 

 所を処理します。

 

 

 


 

  内部を手で触れて、足に当たる

 

 部分がないか、くまなくチェック。

 

 

 

 

  見つけた部分は釘締めで、全て

 

 叩き潰します。釘締めには、騒音

 

 & ケガ防止の対策がしてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  最後に、押し縁の周りを

 

 仕上げ削り。

 

 

 

 

  ここは削りっぱなしが多い

 

 ところですが、角をわずかに

 

 面取りしてやります。
 

 

 

 

  この小さなひと手間で、だ

 

 いぶ見た目が変わります。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  そして、完成しました!

 

 

 

 

 

  飾り金具がやはり効いてます。

 

 当初の思惑通り 『強い』 イメージ

 

 のローファーに仕上がったのでは

 

 ないでしょうか?

 

 

 

 

  これからガンガン履いて、自分

 

 だけの一足として完成させてくだ

 

 さい。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:51 | comments(0) | - | pookmark |
水玉で

 

 

 

 

  前回、自分用のブローグシューズを

 

 作ってから、しばらくぶりの Sさんです。

 

 

 

 

 

  プレゼント用に、色々と作る

 

 ものがあるようで。

 

 

 

  まずは、ベビーシューズ。

 

 

 

  イメージが固まっているようで、

 

 革選びはすんなり進み、すぐに

 

 裁断に入ります。

 

 

 

  2足同時に作るので、組み合わ

 

 せを色々と考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  包丁が傾かないように

 

 注意しながら、曲線の多い

 

 パーツを切り出します。

 

 

 

 

  革は厚みがあるので、ほん

 

 のちょっとした違いで、見た

 

 目も変わってきます。

 

 

 

 

  これも完成後によく見える

 

 部材なので、色鮮やかな靴に

 

 なりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  パーツの裁断後、飾りの革

 

 を取り付け。

 

 

 

 

  実際に、模様となる丸い革

 

 を切り出し、パーツの上に並

 

 べてイメージを固めます。

 

 

 

 

 

  いい塩梅のところで、革を

 

 接着しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ミシンで縫製作業。

 

 

 

  まずは、固定した飾り革を

 

 縫い付けます。

 

 

 

 

  やはり耐久性を考えると、

 

 小さなパーツも縫わないと

 

 不安です。

 

 

 

  あとは通常通り、各パーツの

 

 縫製作業をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  組み合わせた各パーツ。

 

 

 

  こちらは別タイプのベビー

 

 シューズ。

 

 

 

  ちょうど同じ頃作っていた

 

 Kさんのシューズに触発され、

 

 リボン飾りをつけたバージョン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  縫い合わせた後、余分を

 

 カット。

 

 

 

 

  専用工具の 市切りで、縫い

 

 目に沿って裏地を処理します。

 

 

 

 

  一定の角度と一定の力加減

 

 で、整った同じ幅の仕上がり

 

 になります。

 

 

  2足まとめてなので、作業

 

 は効率的。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  カカト側の腰革と、甲を

 

 組み合わせます。

 

 

 

 

  まずは接着剤で仮固定。

 

 

 

 

  脱ぎ履きで一番力のかかる、

 

 羽根の付け根なので、返し縫い

 

 もしっかりと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  底の革と本体を、手縫いで

 

 縫い合わせます。

 

 

 

 

  はじめ緩めに、反対側まで

 

 回り込むまでは、編むように


 縫い進みます。

 

 

 

 

  その後工具を使い、しっかり

 

 引き絞りながら、形に仕上げて

 

 いきます。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

| ブログ管理人 | 23:32 | comments(0) | - | pookmark |
寄り道もまた楽し

 

 

 

  日曜の Kさんです。

 

 

  現在、知人のための短靴を制作中

 

 ですが、合間でベビーシューズも。



 

  プレゼントの日程もあるので、

 

 仕上げにかかっています。

 

 

 

 

  アッパーのミシンでの縫製が

 

 終わり、底周りを手縫いで縫い

 

 進めます。

 

 

 

 

  緩めに編んでいきますが、ある

 

 程度進んだら、工具を使って、何

 

 回かに分けて、強く引き絞ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ストラップ型のベビーシューズに、

 

 大きめのリボン飾りを。

 

 

 

 

  あらかじめ革で作っておいた飾りを、

 

 ストラップの穴と縫い合わせます。

 

 

 

 

  ...実は、ポンチでミスをした穴を、

 

 隠すための発案だったりして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  出来上がれば、初めから

 

 計画していたのように。

 

 

 

  全く違和感ないですね。

 

 飾りも、しっかり縫い付けて

 

 あるので強度的にも問題あり

 

 ません。

 

 

 

  気に入ってもらえるといいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

  ベビーシューズがさくっと終了した

 

 ので、かんたんな修理(改造)作業も。

 

 

 

  こちらは雰囲気が気に入って購入

 

 された手作り靴ですが、くるぶしが

 

 どうしても当たってしまう一足。

 

 

 

  本体を切り取って、対処します。

 

 

  飾り革を縫い付けてある手縫い糸

 

 をほどき、本体を切ってから戻し縫

 

 いします。

 

 

 

 

 

 

 

  元の糸と似た色の、蝋引きの糸で

 

 縫ったので、全く違和感ありません。

 

 

 

 

  Kさんは、内側のくるぶし下端が

 

 出っ張っているので、きつく当たって

 

 しまったようです。

 

 

 

 

  でもこれで気にせず、お好みの靴で

 

 がんがん歩けますね。自分での手直し、

 

 愛着もひとしおです。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:45 | comments(0) | - | pookmark |
縁の下の溝

 

 

 

  ハンドソーンのブーツを制作中の、

 

 Yさんです。

 

 

 

  こだわったアッパーの作業が終わり、

 

 いよいよ手縫いに特徴的な、革の中底

 

 を作ります。

 

 

 

 

  水で濡らした中底用の革を、

 

 木型に固定して、底面の形に

 

 癖付けしました。

 

 

 

 

 

 

  大まかに中底を切り出し、

 

 最後は木型にあてがって削り

 

 込み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  プラの木型だと、歯を滑らせやすい

 

 のですが、床革で補正した部分は、底

 

 と一緒に削ってしまいがち。

 

 

 

 

  木型の形が変わらないように注意し

 

 ながら、丁寧に削ります。

 

 

 

 

  さらにつま先は特に滑りやすいので、

 

 指をケガしないように要注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  外形を整えたら、手縫いのための

 

 溝を掘ります。

 

 

 

 

  まずは外形から一定幅で、ウェルト

 

 を縫い付ける側の溝を。

 

 

 

 

  縦、横、徐々に深くしていきながら、

 

 最終的にはっきりとした溝になるまで

 

 作業を進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  外側の溝を掘り終えたら、その

 

 対となる内側の溝を掘ります。

 

 

 

  こちらは曲面的な底に沿っている

 

 ので、角度が分かりづらいですが、

 

 外の溝より浅い角度で、大きく抉る

 

 ため、中底に穴を開けてしまいがち。

 

 

 

 

  穴を開けると、中底を最初から作り

 

 直さないといけないので慎重に、失敗

 

 のないよう作業を進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  溝を切り終えたら、手縫いのための

 

 縫い穴を開けます。

 

 

 

 

  これは釣り込みしながら開けても

 

 いいのですが、特に初心者はあらかじめ

 

 角度のあった穴を開けておくのが無難。

 

 

 

 

  きちんと溝が切ってあれば、針の角度

 

 と合い、自然と溝の根元に針が出てきます。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:34 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode