Entry: main  << >>
発送で修理

  靴の修理。



  当工房では修理を専門にやっているわけではないので、

 全体の件数はそれほど多くはないのですが、その中では

 意外と多い、クラークス製の靴の修理。



  メーカーで修理を受けていないものも多く、町の修理屋さん

 などでも、嫌がられることもあるようです。


  今回は、クラークス・ウィーバーの

 底修理。



  遠方の、工房へ来られない方からご相談

 があり、送られてきたモノ。


  修理の場合、工房近くの方がお持込の

 ことが多いので、珍しいケースです。



  あまりお手入れなしで使われてきた感じの一足で、アッパーも少しヤレた

 感じがありますが、底さえ修理すれば使えます。


  本来ならオールソール交換コースですが、お客様とお話して、表面のみ

 貼り替えとしました。かなり磨り減ったヒールは、同じ天然ゴムで付け足し。




  そして修理後。



  貼った表面と元のソールで、色の落差

 が激しいですが、天然クレープはすぐに

 汚れて黒くなるので(笑)、そのままにして

 あります。


 

  これで、まだまだ現役で使い続けることが出来ます。

 ご本人にも思い入れのある靴のようですので、これからも末永く

 ご愛用くださいね。








      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






  もうひとつの修理は、ビットローファー。


  モノはイタリア製高級品、ブルーノマリ

 (BRUNOMAGLI)。さすがに革が良い色を

 してますね。写真でうまく再現できていな

 いのが残念です。そして全体に、とても頑

 丈そうなつくり。


  見た目は充分にきれいなのですが、

 底のハガレを修理したいとのこと。




  あとは金具に少し、めっきの剥がれが

 見られます。


  汚れとくすみを落とすため、金属磨きで

 軽く磨いておきました。強く磨くと、弱い

 めっきは落ちてしまうことがあります。


  市販の研磨剤や、家庭に必ずある歯磨き粉も使えます。

 ご自分で作業される際は、革には付かないようご注意ください。





  さて、問題の底の状態ですが。


  このモデルは特徴的なソールで、意匠

 を兼ねたゴム部分が付いています。が、

 その部分がはがれてしまっています。


  そこで靴底前半部分を、半張り修理

 しました。素材は定番のビブラムにて。






  ヒールの化粧もほとんど減っていない

 状態でしたので、まだまだ、これからも

 長く愛用できるでしょう。



  ぜひ、いっぱい歩いてください。





  修理は完璧に直すのか、ある程度の処置にするか、ご要望に応じて判断させて

 いただきますので、修理ご希望の靴をお持ちの場合は、一度ご相談ください。




  ではまた。




| | 22:56 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode