Entry: main  << >>
パワー。

 

 

 

  Oさんの手縫い靴、続きです。

 

 

 

  いよいよ釣り込みですが、全体を


 釘で仮留めしてから、まずはカカト

 

 側から。

 

 

 

 

  接着剤を塗り、すぐに留められる

 

 ようにしてから、作業開始。

 

 

 

 

  ワニをうまく使い、畝を作って

 

 接着面を、きれいに収めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  そうして釣り込みができたら、

 

 収まりが良くなるようハンマーで

 

 叩いて均します。

 

 

 

 

  丁寧に叩き続けることで、革は

 

 思いのほか、形を変えて馴染んで

 

 くれます。

 

 

 

 

  カカト芯の入っている側面も、

 

 忘れずに叩いて馴染ませます。

 

 

 

 

 

 

 


 

  ヒール側が終われば、仮留めしていた

 

 トゥ(つま先)側に取り掛かります。

 

 

 

 

  靴の「顔」ですので、しわの残らない

 

 よう、しっかりとつり込みします。

 

 

 

 

  底側のみに集中しがちですが、甲革の

 

 バランスを見極めて、片寄らないよう

 

 注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  つり込み後、甲革を固定する

 

 縫い糸を撚っていきます。

 

 

 

 

  使う部分に求められる強度に応じ、

 

 細かい糸を必要本数、撚り合わせて

 

 縫い糸を作ります。

 

 

 

 

  その後、蜜蝋で丁寧に整えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  スクイ縫いは、ふつう苦戦するところ

 

 なのですが、腕力ある Oさんにかかると、

 

 それなりのペースで進められました。

 

 

 

 

 

  そして続けて、鉢巻きの取り付けへ。

 

 カカトの土台に当たる部分です。

 

 

 

  ウェルト(細革)と同じ素材で、U字型

 

 のパーツを作り、接着します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  縫う作業が終わったところで、

 

 中底にできている段差を埋めます。

 

 

 

 

  その隙間を埋める中物には、板

 

 コルクを使用。

 

 

 

 

  丁度良い形に切り出し、接着剤

 

 で固定します。

 

 

  いよいよ、本底の工程に入ります。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:43 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode