Entry: main  << >>
ハトメ、カシメ。

 

 

 

  ブーツのアッパー製作中の、K さんです。

 

 

 


  全体にハードな印象のブーツですが、

 

 ハトメの穴は、金具を入れてカジュアル

 

 な感じに。

 

 

 

 

  一つ一つを取り付けますが、まずは

 

 紐穴を、革ポンチで開けていきます。

 

 

 

 

  膝上で作業するのがやり易いですが、

 

 数が多いと案外痛いんですよね...。

 

 

 

 

 

 


 


 

  穴が空いたら、適切な大きさの金具を

 

 取り付け、専用の打ち具でカシメます。

 

 

 

 

  今回は、裏からも金具を押し当てて

 

 きれいにカシメるやり方で。

 

 

 

  工具も金具の大きさ専用のものを

 

 使って、丁寧に作業します。

 

 

  あまり強くカシメめると、表の

 

 金具が歪んだり、傷が入ったりしてしまいます。

 

 

 

 


 


 

  ハトメ金具を取り付け終わった

 

 腰革(甲革)。

 

 

 

  強すぎず弱すぎず、きれいに装着

 

 できました。

 

 


  ただの革ポンチの穴とは、表情が

 

 全然違いますよね?

 

 

 


 

 

 


 

  さらにパーツを組み合わせて、

 

 甲革の縫製作業。

 

 

 

 

  なかなか縫いづらいカンヌキ

 

 (羽根の根元)部分。革をなるべく

 

 フラットに保ち、機械にストレス

 

 を与えないように保持しながら、

 

 縫っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 

  手縫いの底付け用なので、中底は

 

 革から削り出して作ります。

 

 

 

  濡らした後、木型に固定して癖付け

 

 してある中底革ですが、外周を木型の

 

 底面とピッタリに削り込みます。

 

 

 

 

  最終的には、木型にあてがいつつ、

 

 ナイフを滑らせて削りますが、確認の

 

 際、邪魔になる角のバリを、先に落と

 

 しておきます。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:29 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode