Entry: main  << >>
補正靴

 

  当工房ベテランの K さんです。

 

 

 

 

  知り合いの方用に、外反母趾の足に

 

 合わせた補正靴を製作中。

 

 

 

 

  仮縫いで充分フィッティングを確認

 

 後、本制作に入っています。

 

 

 

  ちょっと変わったデザインの靴ですが

 

 組み合わせる部分を漉くのは同じ。

 

 

 

  丁寧に漉いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  カカトの縫い割。

 

 

 

 

  多くの甲革で、最初に縫う部分ですが

 

 力のかかる部分でもあるので、他とは

 

 違う縫い方をしています。

 

 

 

  なるべくギリギリを、一定幅で縫う

 

 のがポイント。

 

 

 

  カカトの引手が付いた形なので、縫製

 

 もさらに難易度高めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  この靴のデザイン上のポイント

 

 でもある、ストラップを取り付け。

 

 

 

 

  ミシンで縫い合わせる前に、強力

 

 な接着剤で固定しておきます。

 

 

 

 

  靴本体に、角度に注意しながら

 

 接着していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ここで裏地を裁断します。

 

 

 

 

  表の革は黒なので、赤はとても

 

 映えますね。

 

 

  市販の靴でも、結構多い組み合せ。

 

 

 

  表と若干形状が変わるので、それ

 

 用に作った型紙で、型入れします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  裏地も、足に当たる部分は丁寧に

 

 漉いて、段差をなくします。

 

 

 

 

  やわらかい裏地の革も、当たりの

 

 強い部分では、痛みにつながります。

 

 

 

 

  また薄く、柔らかいため表の革以上

 

 に伸びやすいので、包丁の切れ味も、

 

 さらに重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  いよいよ裏地と合わせ、縫製。

 

 

 

 

  先に縫える部分から、糊で仮留め

 

 した部分を縫い合わせていきます。

 

 

 

 

  ベーシックな型紙の靴と違い、

 

 少し変わったデザインの靴は、作業

 

 工程の順序も、よくよく考えて行う

 

 必要があります。

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 21:41 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode