Entry: main  << >>
イメージ通り。

 

 

 

  当工房では、手軽に挑戦できる短期靴作り教室を

 

 開催しています。

 

 

  中でも人気のインディアン・モカシン。

 

 3時間×4回で、あるきやすいモカシンが完成します。

 

 



 

  人生初の手作り靴に挑む、 Iさん。

 

 

 

 

  来られる方は皆さん、大体そうですが...。

 

 

 

 

  サイズごとに型紙が決まっているので、

 

 試着用の靴でフィッティング後、革を

 

 選んで裁断します。

 

 

 

 

  Iさんは爽やか系の革を選びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  裁断したパーツをミシン縫製。

 

 

 

  かかとを左右から合わせて縫いますが、

 

 二枚重ねなので、少々縫いにくいところ。

 

 

 

 

  距離は短く、表から見えないところなので、

 

 慎重に縫えばOKです。

 

 

 

  手縫いの穴あけは、済ませてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ミシンの工程がだいぶ進んで、

 

 サイドの飾り紐の穴をあけます。

 

 

 

 

  わかりやすいよう、木型にセットして、

 

 全体のイメージから、位置決めをします。

 

 

 

 

 

  穴あけは革ポンチでこつんと一撃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  履き口周りは細い革を縫い付けて、

 

 補強と飾りにします。

 

 

 

 

  いったん淵を縫い割して折り返した

 

 革を、ピンチで固定してミシンにかけます。

 

 

 

 

 

  飾り紐は、あらかじめ通しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  履き口周りの縫製。

 

 

 

 

  本体部分でミシンを使う工程は、

 

 ここが最後です。

 

 

 

 

  完成後も、しっかり目立つところ

 

 なので、ステッチラインに注意して、

 

 縫い進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  甲の作業に入ります。

 

 

 

  一枚の革でもいいのですが、上に

 

 切り替えの革を載せて、個性を出す

 

 こともできます。

 

 

 

  Iさんは白ベースに青系の切り替え

 

 を載せ、あくまで爽やかな印象で。

 

 

 

 

  あらかじめ飾り紐を通す穴をあけてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  本体と甲を縫い合わせます。

 

 

 

 

  ここは手縫いで、木型を収めてから

 

 徐々に引き絞って形にしていきます。

 

 

 

 

  まずはゆるゆると手で大まかに編み

 

 込み、仮紐も使って全体のバランスを

 

 取ります。

 

 

  その後工具を使って引き絞り、革を

 

 伸ばしつつ馴染ませます。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  この後、カカト側のつり込みを行い、

 

 ゴムのソールを取り付ければ、完成です。

 

 

 

 

  写真の一般的なラバーのほか、独特な

 

 クッション性のある、天然クレープゴム

 

 を選ぶこともできます。

 

 

 

  硬い芯がないのでとても楽。

 

 ご近所のお散歩から、お出かけまで、ぜひ

 

 ご活用ください。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:23 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode