Entry: main  << >>
仮縫い一直線

 

 

 

  外羽根靴を製作中の、 Nさんです。

 

 

  前回までで、型紙をつくるところまで終わっていました。

 

 

 ここからは仮縫い靴の工程になります。

 

 


 

 

  仮縫い用の革を裁断します。

 

 

 

 

  布製品と違い、本製作用とは

 

 別の革を仮縫いに使います。

 

 

 

  そこで伸びの悪い革を仮縫い用

 

 として使っていますが、命あるもの

 

 からいただくのは変わりありません。

 

 

 

  無駄のないよう、効率よく型入れ

 

 していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  切り出したパーツの縫製。

 

 

 

 

  ミシンは苦手、という方も多い

 

 ですが、これもやはり慣れなので、

 

 数をこなすと、きれいな縫い目で

 

 仕上がります。

 

 

 

  最初に縫うのは、やはり簡単な

 

 ところから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  履き口周りの伸び留め処理。

 

 

 

  履き口には、強烈な力がかかる

 

 ため、伸びの抑止に布テープを

 

 貼り込みます。

 

 

 

  粘着剤が付いているので曲線

 

 部分も、上手に沿わせることが

 

 できます。

 

 

  剥がれやすいんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  補強芯の入る部分は、裏地を

 

 縫い付けます。

 

 

 

  先ほど取り付けた伸び留めも

 

 一緒に押さえておくイメージで。 

 

 

 

  しかし縫い目からはみ出ない

 

 ように注意します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  仮縫いの中底です。

 

 

 

  厚めのボンテックスを使って

 

 います。

 

 

 

 

  補正した木型の、底を写し

 

 取ったゲージで外形を書き入れ、

 

 切り出します。

 

 

 

  曲がり癖が付いているので、

 

 きちんと写せているか要注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  いよいよ仮縫い釣り込み。

 

 

 

  中底を固定した木型に、甲革

 

 (アッパー)を被せて釘で固定し

 

 ます。

 

 

 

  最初に全体のバランスを見て

 

 おくと、後々きれいに仕上がり

 

 ます。

 

 

  何事も、最初が肝心。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  釘で仮留めしておいた

 

 アッパーを、接着します。

 

 

 

 

  釣り込みにはとても力が

 

 必要なので、写真のような

 

 専用工具「ワニ」を使います。

 

 

 

  このワニは、てこの原理を

 

 使うため、革を破るほど引っ張る

 

 ことができます。

 

 

  こうした力加減も、練習のうち。

 

 

 

  ではまた。
 

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:12 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode