Entry: main  << >>
すっぽり。

 

 


 

 

  靴教室に参加以来、使用中の靴の修理など、

 

 いろいろな作業をしている Mさんです。

 

 

 

  今回は、自分で作りたかったという

 

 ストラップサンダルの続きです。

 

 

 

 

  手縫いの工程に入っています。

 

 

 

 

  底周りを本体の革、といっても

 

 一枚の革ですが、仮接着した後、

 

 縫い付けていきます。

 

 

 

 

  やはり手縫いだと独特の存在感。

 

  引き絞る力に注意しながら、黙々
 

 と縫い進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  底材を切り出し。

 

 

 

  今回は、しっかり目のソール

 

 にしたいということで、サンダル

 

 等に使われるスポンジソールに。

 

 

 

  ビルケンシュトックにも使われる、

 

 軽〜いタイプです。

 

 

 

  まずは位置決めから。

 

 

 

 

 


 

 

 

 


 

  ソールの型紙で型入れし、

 

 『マイ』クラフト鋏で切り出し。

 

 

 

  ご自分でいろいろ作業をされる

 

 方なので、自前工具も多いです。

 

 

 

  小さな鋏ですが、こうした

 

 スポンジソールなら、楽に切る

 

 ことができます。

 

 

 

  大雑把に裁断した後で、グラ

 

 インダで仕上げ削りします。

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 

 

  外周をきれいに削ったソールに、

 

 本体を取り付けます。

 

 

 

  つま先側とかかと側の両方に、

 

 接着の目安となる印をつけて、

 

 ズレのないように接着します。

 

 

 

 

  組み合わせた後、しっかりと

 

 圧着します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 

  本体への接着後、改めてソールと

 

 ともに仕上げ削り。

 

 

 

 

  材質が柔らかめのスポンジソール

 

 なので、削りすぎに注意しながら、

 

 全体のバランスを見つつ、作業を

 

 進めます。

 

 

 

 

  革本体に傷を入れないよう、注意

 

 しつつ作業します。

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 

  そして完成しました!

 

 

 

 

  中敷きとして、クッション性の

 

 良いスポンジゴムを入れ、実際の

 

 履き心地にも配慮してあります。

 

 

 

 

  すぽっと楽に履けるので、日常

 

 的に、ガンガン使い倒してほしい

 

 一足ですね。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:36 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode