Entry: main  << >>
写真

 

 

 

 

 

  初めての靴作りで、外羽根シューズを

 

 製作中のMさん、仮縫いからの続きです。

 

 

 

 


  試着して、履いた時のデザイン

 

 上の修正点を、型紙に反映。

 

 

 

 

  飾ってある時ではなく、実際に

 

 履いた時バランス良く決まる方が

 

  いいわけですから。

 

 

 

  修正した木型とはいえ、立体的

 

 なカタチとしては、差があります。

 

 

 

 

 

 

 


 

  修正点を型紙に反映後、裏地用

 

 の型紙も、これをもとに製作。

 

 

 

 

 

 

  これでようやく、本製作用の革

 

 裁断に入れます。

 

 

 

 

  ものによっては、表用と裏用で

 

 全く違う型紙になる場合もありま

 

 すが、修正後の型紙をベースに使

 

 うところは同じ。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  裏地の革を裁断し、それを組み

 

 合わせていきます。

 

 

 

 

  最初に裏地同士、ある程度カタチ

 

 にしてから、表の革と縫い合わせる

 

 やり方です。

 

 

 

 

  裏地は硬くなるのを避けるため、

 

 仮留めは柔らかいゴム糊で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  続いて表の革を裁断。

 

 

 

 

  伸び方向に注意しつつ、無駄の

 

 ない取り方を考えます。

 

 

 

 

 

  あとで消せる銀ペンで型入れを

 

 行い、線に沿って包丁で裁断して

 

 いきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  裁断の終わった各パーツ。

 

 

 

 

  これに漉きなど手を加えてから

 

 組み合わせていきますが、途中経

 

 過を、本人もスマホでパチリ。

 

 

 

 

  記録を取っておくのは、後々

 

 の見返しのためにも大事ですね。

 

 

 

  まだまだ作業は、これからです!

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:33 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode