Entry: main  << >>
さじ加減

 

 

 

  ビジネスシューズとして一般的な、外羽根靴を

 

 制作中の、Yさんです。

 

 

  甲革の縫製をしています。

 

 

 


 

  その、かかとの縫い割。

 

 

 

 

  ミシンで縫ったカカトを、

 

 縫い目を広げるために叩き

 

 ます。

 

 

 

 

  専用の木の台・馬の上に

 

 載せ、表からも叩き整えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  裏地と合わせ、履き口周り

 

 にステッチラインを引きます。

 

 

 

 

  ディバイダーでケがき、縫う

 

 時の目安にします。

 

 

 

 

 

  たったこれだけの準備で、実

 

 際にミシンで縫う時にだいぶ楽

 

 になります。

 

 

 

  当然仕上がりも、いいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ベロの部分で裏地を接着。

 

 

 

 

  平らにつけると、あとで裏地に

 

 縦皺が入って酷いことになるので、

 

 完成した時に近い形で圧着します。

 

 

 

 

 

  手で癖をつけ、丸みを帯びた形で

 

 よくしごいておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ミシンで縫い合わせます。

 

 

 

 

 

  基本的にパーツごとに裏地と

 

 表地を合わせてから、固定する

 

 場所を縫います。

 

 

 

 

 

  その後、さらに各パーツを組み

 

 合わせて、縫い付けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  アッパーができたので、中底の

 

 作業に入ります。

 

 

 

 

  後ろ側は硬いファイバー、前足

 

 部は革で組み合わせて作ります。

 

 

 

 

  だいたい底の形と同じ大きさに

 

 切り出し、前後を接着して一枚に

 

 してから、最終的な寸法に仕上げ

 

 ていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  中底の革を漉きます。

 

 

 

 

  後足部と組み合わせる所は斜め

 

 に漉きますが、まずは裏側全体の

 

 毛羽立ちを漉いて取ります。

 

 

 

 

  踏み込んだ時の硬さに影響する

 

 ため、仕上り厚みにも注意しつつ、

 

 全ての毛羽を取り去ります。

 

 

 

  単純に均一に仕上げるわけでも

 

 ないのが難しいところ。

 

 

  ではまた。

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:03 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode