Entry: main  << >>
ていねいに

 

 

 

 

  初めての手作り靴に挑戦中の、Mさんです。

 

 

 

 

  仮縫いが終わり、本番用のアッパー(甲革)を

 

 作っています。

 

 

 

 

  組み合わせる部分の厚みを

 

 調整するため、革を漉きます。

 

 

 

 

  革だけを削ぎ落したいので、

 

 板ガラスの上で作業します。

 

 

 

 

  もちろん、歯の切れ味が最も

 

 大事なので、作業中も常に革砥

 

 で研ぎつつ作業します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  各パーツを縫い合わせます。

 

 

 

  ここはかかとの縫い割部分。

 

 

  縫い合わせた後で、反対側へ

 

 広げるので、ぎりぎりを狙って

 

 縫い進みます。

 

 

 

 

  シンプルですが、完璧な仕上

 

 がりを求めると、難易度が上が

 

 る工程。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  履き口周りの伸び止め処理。

 

 

 

  靴の履き口周りは大きな力が

 

 かかるため、使用につれ伸びて

 

 しまいがち。

 

 

 

 

  そこで伸びのない布テープを

 

 貼り込み、履き口がユルユルに

 

 なるのを防ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  各部の補強や、裏地と組み

 

 合わせてから、アッパー前後

 

 を縫い合わせます。

 

 

 

 

 

  仮止めの接着剤でしっかり

 

 固定してから、ディバイダで

 

 ケガいた線をなぞって縫います。

 

 

 

 

  あらかじめ線を引いておけば、

 

 きれいな仕上がりが得られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  中底の制作に入ります。

 

 

 

 

  前足部は耐久性を考えて、

 

 しっかりした厚みの革から

 

 切り出します。

 

 

 

  木型の底ゲージで印をつけ、

 

 少し大きめに切り出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  革の裏は、ぼさぼさの弱い

 

 部分があるので、漉きます。

 

 

 

 

  かなり厚みを減らすように

 

 削ぎますが、硬さに左右差が

 

 出ないよう、注意します。

 

 

 

 

  単に厚みを揃えても、差が

 

 出てしまうので難しいところ。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:17 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode